【SBI証券】新NISAの始め方 完全ガイド

SBI証券

※本記事はプロモーションを含みます

2024年1月スタートの新NISA

使い勝手の悪かった現行NISAとは一変、非課税投資枠も大幅に増えかなり自由度の高い投資ができるようになりました。

いろんな使い方が考えられるので逆にどうしたら良いのかわからない・悩むという方も多いハズ。

細かい話は抜きにして結局どうするのが一番簡単でベストなのか?僕はこうします!!

という事を考えたので紹介したいと思います。

全くの投資初心者さんもマネするだけで(完全パクリOK)新NISA始められるように解説しますので参考にしてみて下さい。

新NISAのおさらい

まずは新NISAの概要をさっと確認しておきましょう

  • 制度は恒久化/非課税期間は無期限
  • 非課税枠は再利用可能
  • 生涯投資上限額は1800万円
  • 年間投資枠は最大360万円
  • 現行NISAとは別制度として開始

日本の投資制度大改革となりましたね。金融庁ナイス!!

新NISA概要

新NISAの概要:金融庁サイト

新NISAの効率的な使い方

新NISAの一番効率的な使い方としてはなるべく早く生涯非課税枠1800万円を使い切って長期で寝かせて運用することです。

具体的に僕がやろうと思っているのは

・つみたて投資枠で120万円
・成長投資枠で240万円

合計360万円を年初に一括投資でeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)=通称:オルカンを買う。これを5年繰り返して(360万円×5年=1800万円で非課税枠を全消費)あとは放置運用します。

仮に年率5%(※)で運用できれば追加投資一切無しで30年で1800万円→8000万円近くまで増えます。

これぞ複利マジック!!
7800万円
※過去30年間に世界株式は9.5倍の上昇・年率換算で7.5%成長しました。当ブログでは少なく見積もって期待運用率5%を用いてます。

オルカンは信託報酬も業界最低レベルで安くて、これ1本で全世界の株式(約3000銘柄)に分散投資できるという優秀なインデックスファンド。

過去統計・金融理論的には全世界株式に「長期・分散・積立・低コスト」で投資すれば、かなりの確率でお金が増えることが期待できます。

金融庁サイトにも過去20年間毎月1万円全世界株式に投資してたら元本240万円が786万円に増えてたよって結果が載ってます。全世界株式強し。
シミュレーション

新NISAの概要:金融庁サイト

自分自身、いま積立投資歴13年で全世界株式投資を実践中ですが、これくらいの資産を作ることができてます(含み益は2700万円)。投資はオルカン1本でOK。

総資産

毎月定額積立がおすすめ

5年で1800万円投資はちょっと極端な例で、ふつうは毎月定額積立投資でやっていくことになると思います。

入金力がものを言うのは間違いないですが、同じくらい重要なのがいかに長く運用できるかです。

投資可能額は人それぞれだと思うので、余裕資金内で構わないのでなるべく長期間運用することを目指しましょう。

例えば月5万積立だと1800万円使い切るのに30年かかって最終的に4000万円になります。
月5万積立て

月3万積立だと1800万円使い切るのに50年かかって最終的に8000万円になります。
月3万積立て

生涯非課税枠1800万円全部使い切る必要もなくて、月1万積立て50年やればそれだけで2000万円問題も簡単に解決します。
月1万円積立

新NISAには「つみたて投資枠」「成長投資枠」の2つがありますが、つみたて投資枠だけで1800万円を使い切ることも可能なので、難しいこと考えずにひたすらつみたて投資枠で1800万円目指してオルカンを買い続けるのが1番シンプルでわかりやすいと思います。

それからボーナスや臨時収入でまとまった資金ができた時は成長投資枠を使ってスポット一括購入するとなお良いです。

クレカ積立がおすすめ

そして積立投資やるならポイント還元があるぶんクレカ積立でやったほうがお得。

おすすめの証券会社はSBI証券です。積立代金を三井住友カードで決済するとポイントがもらえます(楽天カード等はSBI証券と提携していないので使えません)。

さらにSBI証券は投資信託の月間平均保有額に応じてポイントがもらえる投信マイレージというサービスがあります。

※SBI証券のポイントサービスへ登録が必要となります。

僕はSBI証券メインで使っているんですが、投資信託を持っているだけで毎月1500Pくらい貰えてます。

新NISA準備編

それではここからSBI証券口座開設〜クレカ登録までの手順解説に入ります。

(すでにSBI証券口座開設済でクレカ登録済ませてる方は読み飛ばしてもらってOKです)

1.SBI証券の総合口座開設

少しややこしいんですが、つみたてNISAを始めるには「つみたてNISA口座」だけを開設すればいいのではなく、前提としてその証券口座の総合口座を持っておく必要があります。

イメージ的には総合口座の中につみたてNISA口座を開く感じです。

なのでSBI証券の総合口座を持っていない方は、まずはここから口座開設手続きをして下さい。

口座開設手続きでよくある質問

開設手続きを進めていると「特定口座」という項目で納税パターンを選ぶ必要があります。

どれがいいかわからない方は、これはとりあえず一番上の「開設する(源泉徴収あり):初心者マーク」を選んでおけばOK。
口座開設手続きでよくある質問

これを選んでおけばSBI証券が代わりに源泉徴収し、確定申告してくれるので自分で確定申告する必要がなく楽です。

それから住信SBIネット銀行口座・新生銀行の口座も同時申し込みますか?みたいなのが出てきますが、これは必須ではないのでどちらも「申し込まない」でも問題ないです。

取引プラン「スタンダード」or「アクティブ」を選ぶ箇所に関しては、これは個別株取引に関わる設定になります。投資信託しかやらない方は関係ないのでどっちでもいいので適当に選んでおいて下さい。

ちなみにSBI証券は総合口座開設時に、NISAの口座も同時開設できるようになっています。

先程の口座開設リンクを進めていくと途中で、「NISAの選択」という欄が出てきます。

ここで「つみたてNISAを申し込む(無料)」にチェックを入れておくと、総合口座とNISAが同時開設できて手間が省けますよ。
NISAの選択 2

SBI証券の総合口座は最短翌営業日には開設されますが、NISA口座は別途税務署の審査が必要になりこれは2週間ほどかかります。

税務署の審査が終わるとSBI証券のお知らせ欄に「NISA口座 開設審査完了のお知らせ」(下の画像)が届くのでちょくちょくチェックしておいて下さい。

お知らせ

2.NISAの口座開設

SBI証券口座は持ってるけどNISA口座はまだ作ってないという方は、SBI証券にログインして

①画面上のメニューにある「NISA」
②「NISA口座を申し込む」

からNISA口座開設を進めて下さい

つみたてNISA口座開設2

3.三井住友カード(NL)作成

SBI証券口座開設と同時に三井住友カード作成もやっておいて下さい。

カードの種類は主に3券種あるので簡単に解説します。

  • 三井住友カード(NL)
  • 三井住友カード ゴールド(NL)
  • 三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード(NL)

年会費無料カードで始めたい方は一択で三井住友カード(NL)を選んでください。

三井住友カード NL

※発行受付時間:24時間
※即時発行ができない場合があります

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)、年会費5,500円(税込)かかりますが

①一度でも年間100万円以上利用すると翌年以降の年会費が永年無料に
②毎年、年間100万円の利用で10,000ポイント還元(継続特典)
という特典があるのでクリアできそうならゴールドがおすすめ。

※年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。

三井住友カード ゴールド NL

※発行受付時間:24時間
※即時発行ができない場合があります

三井住友カード プラチナプリファード

年会費33,000円(税込)の三井住友カード プラチナプリファード

※毎月の積立額の上限は10万円です。
※三井住友カードつみたて投資のご利用金額は、プラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件であるご利用金額の集計対象となりません

さらに毎年、前年100万円の利用ごとに1万ポイントをプレゼント(最大4万ポイント)、特約店での利用で追加ポイント(※最大15%還元)、コンシェルジュサービス、選べる無料保険など特典がかなり充実しています。

※通常ポイント1%還元を含みます
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります

ポイントを表にまとめました。カード選びの参考にしてみてください。

三井住友カード
(NL)
三井住友カード
ゴールド(NL)
三井住友カード
プラチナプリファード
年会費 0円
永年無料
5,500円(税込)
年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料
33,000円(税込)
継続ポイント なし 毎年、前年100万円の利用で1万ポイントプレゼント※ 毎年、前年100万円の利用ごとに1万ポイントプレゼント(最大4万ポイント)

※年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。

※毎月の積立額の上限は10万円です。
※三井住友カードつみたて投資のご利用金額は、プラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件であるご利用金額の集計対象となりません

クレカ登録方法

無事につみたてNISAの口座開設が終わってクレジットカードが手元に届いたら、まずはSBI証券にクレジットカードを登録しましょう。

SBI証券にログインして

①投信
②クレカ設定
③カードを登録する

の順でクレカ登録をします。

クレカ登録手順

クレカ登録手順2

規約確認ページに遷移するので、さーっと読んでからチェックマークを入れて、取引パスワードを入力。「同意して本人確認へ」をクリック。

クレカ登録手順3

するとVpassログインを求められるのでIDとパスワードを入力してログインして下さい。

クレカ登録手4

「Vpassって何だ?」という方へ

Vpassは三井住友カード向け会員アプリで、SBI証券でクレカ積立するためにも必須のアプリ。

事前にアプリをダウンロードして会員登録を済ませておいて下さい。

VpassのIDとパスワードは初期登録の際に、自分で設定するので忘れないようにメモしておきましょう。

VpassDLはこちらからどうぞ。

三井住友カード Vpassアプリ

三井住友カード Vpassアプリ

三井住友カード株式会社無料posted withアプリーチ

Vpassログインに成功すると、クレカ積立の同意書が出てくるので読んで問題がなければ「同意する」をクリック。

クレカ登録手順5

「クレジットカードのご登録が完了しました」という表示が出るので、これでクレカ登録作業は終了です。
クレカ登録手順8

「クレジットカード管理へ」をクリックすると、「三井住友カード」が登録されていることが確認出来ました。
クレカ登録手順9

文字起こしすると面倒そうに見えますが、画面表示に従って必要項目を入力していくだけなので簡単です。

※クレカ設定の前にVpassアプリのダウンロードと登録が必須なので、まずこれから先にやっておいて下さい。

以上、SBI証券にクレジットカードを登録する設定でした。

長くなってきたのでここでちょっとおさらい

SBI証券で新NISAを始めるには、準備段階として4つやることがあります

  • SBI証券の総合口座開設
  • つみたてNISAの口座開設
  • 三井住友カード(NL)作成
  • SBI証券にクレカ登録

口座開設とクレカ作成はどっちが先とかないので、同時進行で手続き進めちゃってOKです

SBI証券口座開設はこちらから

三井住友カード(NL)申し込み
三井住友カード ゴールド(NL)申し込み
三井住友カード プラチナプリファード申し込み

クレカ積立設定方法

ここから、先程登録したクレジットカードでNISAの買付設定に移ります。

SBI証券のクレカ積立設定締切は毎月10日で買付は翌月第1営業日となってます。

新NISAで1月からクレカ積立スタートするためには、6月10日(月)までにこの積立設定を済ませておく必要があります。

それ以降になると初回買付が8月になるのでご注意下さい。

一番簡単でシンプルなパターンでつみたて投資枠でクレカ積立月5万という設定手順を紹介

まずはSBI証券にログインして購入銘柄を検索します。トップ画面にある「投資信託トップ」をタップ

↓スマホサイト
クレカ積立設定1

↓PCの場合トップ画面をちょっと下にスクロールすると「投資信託」というのがあるのでここをクリック
クレカ積立設定2

銘柄検索画面になるので「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」と入力して、検索結果画面で表示される該当商品をタップ

つみたてNISA口座開設3

次に「買付」→「積立買付」の順でタップ
つみたてNISA口座開設4

次の積立設定では
①クレジットカード
②NISA(つみたて投資枠)
③50,000円
と入力

つみたてNISA口座開設5

目論見書の確認画面に遷移するので「確認画面へ」をタップ
つみたてNISA口座開設6

次の確認画面で設定項目が正しい事を確認して最後に取引パスワードを入力して「設定する」へ
つみたてNISA口座開設7

「積立設定を受付致しました」と出たら設定は終了

念のため「現在の積立設定を確認する場合はこちら」をクリックして確認
つみたてNISA口座開設8

つみたて投資枠でクレジット決済(月5万円)の設定ができてますね
スクリーンショット 2023 11 19 18 09 31

以降、毎月自動でクレカ決済されます。決済代金はクレカに紐付けた銀行口座から引き落とされるので本当に完全放置でOKです!

最後に

僕の愛書でもある投資の名著「ウォール街のランダム・ウォーカー」のまえがきにこんな一文があります

個人投資家にとっては個々の株式を売買したり、プロのファンドマネージャーが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックスファンドを買ってじっと待っている方がはるかに良い結果を生む

今の時代、情報が多すぎていろんなことに手を出したくなると思うんですが、個人が無難に資産形成を達成するにはやっぱりこの世界株式に投資してじっくり増やすというのがベストな選択だと思います。

興味ある方おられましたら、ぜひ一緒に資産運用やっていきましょう。

まずはこちらから口座開設して、はじめの一歩を踏み出してみませんか?

※こちらのページはプロモーションを含みます

SBI証券
スポンサーリンク
はたのブログ