【Feiyu Pocket2/2Sレビュー】超広角対応のジンバルカメラ登場【PR】

ライフスタイル

FeiyuTechさんから「Feiyu Pocket2/2S」をご提供いただいたので、実際に使ってみた感想・使い勝手などお届けします。

今回紹介するのは以下の新モデル2機

  • Feiyu Pocket2
  • Feiyu Pocket2S

現在Makuakeで購入可能。プロジェクト公開数日で3,000万円以上集めた今注目のジンバルカメラ。

お届けは2021年11月末までとなっていますが、レビュー用にと一足先に実機を送ってもらいました。

Feiyu Pocket2 2S外箱

どちらもブレずになめらかな動画が撮れるジンバルカメラなんですが、特にFeiyu Pocket2Sの方は世界初セパレートタイプで手持ちから開放される・アイデア次第で今までにない動画が撮れる、そんな面白いガジェットになっています。

参考:Makuake公式サイト

追記:1ヶ月使ってみてわかったこと。初期レビューの時点では気づけなかった点を追記しました。

①長時間バッテリーONにしているとありえないくらい発熱することがある。一度電源消し忘れてたことがあるんですが、30分くらいつけっぱなしにしていると、とてもじゃないけど素手で触れないくらいめちゃめちゃ熱くなってました。

②部品が取れた。2Sを付属の布ケースに入れて持ち運びしてたらカメラヘッド部分のカバーが取れてました。普通にカバンに入れてただけなのに・・・

2S壊れた

Pocket2はハードカバー付属なのに、なぜ2Sは布カバーにしたのか謎です。絶対にハードカバーのほうが良い。製品としては面白いものになってるだけに残念です。

追記2:と、ここまで書いたあとに、すぐにFeiyuTechのサポートから連絡をいただきました。お詫びとともに不良品の可能性があり交換してもらえることに。

すぐに新品が届きました。
Feiyupocket2S交換

サポートの対応は迅速で好感がもてました。ご対応ありがとうございました。

Feiyu Pocket2/2Sの概要と特徴

まずはFeiyu Pocket2/2Sの概要と特徴から紹介します。

Feiyu Pocket2 2S実機

基本的な機能は両者ともに

  • ソニー製センサー採用
  • 130℃超広角レンズ
  • 4K/60fps
  • 3軸メカニカルジンバル
  • タッチスクリーン対応

など2種共通ですが、「Pocket 2Sはセパレート型」「Pocket2はより高解像」と違いがあります。

FeiyuPocket2 2S対比

Feiyu Pocket2/2S比較してみた

両者の共通点・違いがわかるようにスペック比較表を作ってみました

Feiyu Pocket2S Feiyu Pocket2
FeiyuPocket2SFeiyuPocket2
重さ 179g 127g
レンズ 130°超広角、F2.0
センサー 1/2.5インチ CMOS 1/2.3インチ CMON
有効画素数 851万 1200万
ズーム 最大4倍ズーム
最大静止画サイズ 3840✗2160 4000✗3000
静止画モード 通常撮影、パノラマ(2✗2、3✗3、180°)
動画モード 動画、タイムラプス、モーションプラス、ハイパーラプス、スローモーション
動画解像度 4K/60fps
2.7K/fps
1080/fps
HDMI出力
稼働時間 最大180分 最大220分
充電時間 72分
一般販売価格(予定) 45,000円 43,500円

並べてみると外観はこんな感じ。左がPocket2S、右がPocket2になります。どちらもしっかりした丈夫そうな作りで高級感があります。
FeiyuPocket2 2S外観

Pocket2はちょうど手のひらに収まって、いい感じで持ちやすいサイズ感になっています。
FeiyuPocket2サイズ感

Pocket2Sの方はSの1.5倍程度の長さ。初めてみたときは「なにこれ?デカっ」と思いました(笑)。
FeiyuPocket2Sサイズ感

2Sの最大の特徴であるセパレート形式ですが、ケーブルの長さはだいたい1m。伸ばすとこのようなカタチになります。

FeiyuPocket2Sサイズ感2

ジンバルカメラ部分をバイクのヘルメットや自転車の本体に取り付ければ、まるでアクションカメラのような撮影ができるようになっています。
自転車装着

車につければドライブレコーダー的にも使えますね。
ドライブレコーダー

カメラの底部分のマグネットはかなり強力で、バイクや車で走っていても落下するようなことはないと思います。
FeiyuPocket2Sマグネット式

また、三脚アタッチメントも付属しているのでゴリラポッドなんかと組み合わせるとまた面白い撮影ができそう。
FeiyuPocket2S三脚対応
FeiyuPocket2S三脚対応2

操作感はPocket2/2Sどちらもほぼ同じ。本体には操作スティックとRECの2つのボタンがあるだけ。

スクリーンはタッチ型になっていて、ここで撮影モード切り替え・明るさなど細かい設定をすることができます。
FeiyuPocket2操作

あと面白いなーと思ったのが、FeiyuPocketと専用アプリをインストールしたスマホを連動することができること。

WiFiが繋がっていればスマホでFeiyuPocket端末をワイヤレス操作することができるんです。

スマホ連動

OsmoPocketもスマホで設定変更や撮影ができるようになってますが、あれは本体とスマホを物理的にアダプタで繋ぐ必要があるんですよね。

一方、FeiyuPocketは完全ワイヤレスで端末を操作できるのが特徴になってます。

スマホを傾けるだけでチルト操作ができたり、シャッタースピードやISO、ホワイトバランス、「簡易モード/プロモード」で思い通りの撮影が可能。

FeiyuPocket2Sアプリ操作2

FeiyuPocket2Sアプリ操作1

このワイヤレスでスマホから操作できるのはすごく便利だと感じました。

FeiyuPocketは様々な動画がとれるマルチカメラ

で、実際にFeiyu Pocketでどんな動画が撮れるの?ということでYouTubeと公式サイトにサンプルがあるのでお借りしてきました。

こちらの公式動画が一番わかり易いと思います。

手元でジンバル操作(2S)

100°広角から130°広角撮影まで対応

130°広角撮影

手ブレ補正なし・あり比較

4倍ズーム

タイムラプス

パノラマ

ハイパーラプス

スローモーション

フェイストラッキング機能

オブジェクトトラッキング機能

アプリ操作

このように通常の動画撮影からタイムラプス・スローモーション・パノラマ・ズーム撮影・アクションカム撮影までとかなり遊び甲斐があります。

個人的には迫力ある超広角130°の撮影がデフォルトでできるのが気に入ってます。

2週間ほど使わせてもらっていますが、全部の機能を使いこなせてる自信がありません。そのくらい多機能なカメラになってます。

また気になるジンバル性能ですが、これも満足のいくものでした。

最近はスマホもブレにくい動画が撮れるようになってきましたが、自分が使っているiPhone12でも走ったり激しい動きをすると流石にぶれぶれの動画になります。

FeiyuPocket2/2Sならしっかりブレを抑えたムービーを撮ることができますよ。

買うならFeiyuPocket2Sが絶対おすすめ

2つのうち一つ選ぶとしたら高スペック高画像を求める方は「Pocket2」、アクションカメラのように使いたいという方は「Pocket2S」という選び方になると思います。

実際に両者使ってみてですが、「Pocket2」を選ぶなら正直OsmoPocketでもいいような気がします。

やっぱり買うなら「Pocket2S」がおすすめ。アイデア次第で色んな動画が撮れる今までになかった画期的なガジェットだと思います。

参考:Makuake公式サイト

タイトルとURLをコピーしました