インデックス投資10年目 1400万円の含み益になりました

投資

約10年間ひたすら投資信託を買い続けてきた結果、含み益が1400万円を突破しました

今年の4月時点では1000万だったものが、半年でさらに400万円増えました。

ここまで決して順調に増えてきたわけではなく、途中投資するお金もないくらい大変な時期があったり、含み益が一瞬で吹っ飛ぶような暴落に何度も見舞われました(コロナの暴落もなかなかヤバかった)。

それでもひたすら買い続けました。そして10年間で積み立てた3000万円が4300万円まで増えました。

3000万円に対して1300万円の利益なので、リターン率としてはなかなかじゃないですか??

お金に働いてもらう仕組みを作る

労働で1000万円稼ぐってめちゃめちゃ大変なことじゃないですか。

「お金に働いてもらう」なんて言葉がありますが、僕は文字通りお金に働いてもらうことで1000万円も資産が増えました

(それはただの含み益で確定しないと意味がないと言われれば、それは否定しないけど)

別に自慢をしたいんじゃなくて、「投資しないリスク」を伝えたかっただけです。

いまだに投資怖い・損したくない・お金がないとか言って投資に否定的な方たくさんいるじゃないですか。

たしかに、個別株や仮想通貨は投機的な色合いもあるかもしれません。大きく儲かる可能性もあるけど、同じくらい損する可能性もある。多分性格的なものでしょうけど、僕はちょっと怖くて手を出せてません

そこでおすすめしたいのがインデックス投資です。

歴史を見ると株式市場は長期的に右肩上がりにあります。

・ITバブル崩壊
・サブプライム金融危機
・ギリシャ危機
・東日本大震災
・コロナショック

100年に一度と言われるショックが何回も来てますが、その後数年で株式市場は必ず回復して最高値を更新し続けています。

ってことは株式市場全体に投資すれば利益を出すことができるんじゃないか?

それを簡単に実現させてくれるのが「インデックスファンド」です

僕がひたすら買い続けている

・ニッセイTOPIXインデックスファンド
・ニッセイ外国株式インデックスファンド

の2つがそう(コレしか買ってません)。

これを買えば株式市場全体に投資していることになります

日経平均やダウ平均といった指標に連動して、インデックスファンドの価格も同じように変動します。

日経平均は30年ぶりに3万円台を付けましたし、ダウ平均は史上最高値を更新し続けています。

それに合わせて僕の保有投資信託の評価額も爆上げしました

資産運用表

インデックスファンドを買うことは世界経済の成長にベットすることを意味します。人類が資本主義を捨てない限り、色々あるだろうけど長期的には世界経済は成長していくはずです。

そう信じて何も考えずに買い続けるだけ

ドカンと一気に儲かるみたいなことはないですけど、めちゃめちゃ簡単で子供でもできる投資法なのでおすすめです

複利効果で雪だるま式に増やす

インデックス投資のポイントは配当は受け取らずに再投資に回すことです

配当貰えるとそのときは嬉しい気持ちになるかも知れませんが、せっかくの配当を受け取ると税金がかかってしまので「確実なマイナスリターン」となり損です。

それより配当をさらに投資に回すことで運用額が増えてさらに利益を増やしてくれます。

いわゆる複利効果です

【資産形成の道】複利で勝手に金が雪だるま式に増えていく

2021.11.14

複利効果は

・時間が経てば立つほど
・資産額が大きくなるほど

効果を実感するといいますが、僕の投資信託残高も実際にそんな感じで増えてきました

時間はかかるけど、じわじわ確実に増えてます。

資産額推移

銀行にお金を預けるのは損

お金は銀行に預けていれば減りはしませんが、増えることもありません

むしろ株式市場で儲けそこねるリスクを考えれば、相対的に損していると考えることもできます

1日でも早く投資を始めてお金に働いてもらう仕組みを構築しましょう

投資とかよくわからん、インデックスって何??って方におすすめの本がこちら。

著者自身も15年にわたってインデックス投資を実践してきた投資家です。初心者にもわかりやすく基本から・実践までわかりやすくまとめられている良書です。

↓書評もさせてもらいました↓

【書評】インデックス投資のおすすめ本「お金は寝かせて増やしなさい」が良書でした

2021.09.28

インスタでも投資関連の投稿やってるので、よかったらチェックしてみて下さい

タイトルとURLをコピーしました