【投資残高4398万】2022年2月投資成績・保有銘柄公開します

資産状況

恒例の月イチの投資報告になります

↓先月分はこちら↓

【投資残高4412万】2022年1月投資成績・保有銘柄公開します

2022.02.01

去年は米国株が何度も過去最高値を更新するなどかなり調子良かったですが、2022年に入ってからインフレ懸念で年が明けた途端に激下がりしましたね。

2月に入ってからはウクライナ情勢の影響で世界的にも大幅下げ、さらにドスンと落ちました。

S&P500は年初来では8%超下げ、2カ月間の下落率としては2020年3月以来の大きさだったそう。

と思いきや、2月24日にロシアがウクライナに侵攻した途端に株価は急上昇。

マーケットは「わからないこと」をリスクと捉えるので、わかってしまえば、それはもはやリスクではなく、次のシナリオを読みにいく。

まさに「銃声がなったら買え」の株式市場格言通りの動きになりました。

日経平均
日経平均

ダウ平均
ダウ平均

2022年2月投資成績報告

さて、2月の投資成績報告です。

2022年2月末の投資残高は4398万6720円となりました(評価損益 +1085万円)

前月比では-14万。

日次で見るとこんな感じ。月末の2日間だけで100万ほど戻したのが大きかったですね。
スクリーンショット 2022 03 01 9 49 07

投資残高内訳はこちら。
5

投資信託・NISAの内訳

6

iDeCoの内訳

7

トータル含み益は1085万円

ちなみに去年からの1年のパフォーマンスがこちら。

スクリーンショット 2022 03 01 14 02 02

月によってばらつきがありますが、一番いい時が最高279万円のプラス・最大273万のマイナス(2021/12)がありトータルの含み益は約1100万円となってます。

個人的な感覚ですが、投資元金が1000万円を超えたあたりから、お金の増え方がドンと加速していくように感じました。

0円 → 1000万円の期間が一番長くてが一番きつかったんですが、

1000万円 → 2000万円

2000万円 → 3000万円

3000万円 → 4000万円

と金額が増すほど達成する期間が短かったです。雪だるま式に増えていく的な。

配当は1円も受け取らず全額再投資するわけですが、元本が大きくなればなるほど配当も大きくなってって、「ああ、これが複利効果ってやつかー」と実感出来ました。

保有株式はたったの2つ

保有銘柄は

  • ニッセイTOPIXインデックス
  • ニッセイ外国株式インデックス

の2つのみ。

この2つを毎月定額積立しているだけの超シンプルズボラ投資。

難しいことは一切考えないでインデックス投信のみに絞って投資しています。もうかれこれ10年くらい。

「インデックス」ってのは簡単に言うと市場の動きと連動した指数で、例えば日経平均が上がればインデックス投信も上がるし、日経平均が下がればインデックス投信も下がるみたいな値動きをします。要は市場全体に投資しているイメージです。

僕が買っている投信はまさにこれ。

多分この2つのインデックス投信を買っていれば老後は大丈夫だと思います。分配金は受け取らず、複利効果を得るためにそのまま再投資します。

アインシュタインが「複利は人類最大の発明」と言ったとか有名なエピソードもありますよね。

シミュレーションすると16年後には追加投資一切なしで複利効果で1億円いく予定です。

僕の投資ポリシーは「インデックス投信を毎月買って長期保有する」という超超超シンプルなもの。なので「利確」「損切り」といった概念もありません。

バイ&ホールドってやつですね。

有名な本ですが「ウォール街のランダム・ウォーカー」を昔読んだ時にえらい納得して、それ以来愚直に実践している感じです。

数十年とかのスパンでみると株式市場は上がったり下がったりを繰り返しながらちょっとずつ上がってきてる、人類が資本主義を捨てない限りはこれからも経済は拡大する方向にあるはず。

なので株式市場全体に長期投資しておけば儲かるよ、というのが理論的にも統計的にも証明済で実際そういう結果になっている。

みたいな内容の本です。

投資を始めるのは早いほうが良い

投資って「怖い」「損したくない」「難しそう」「お金ないから始められない」というのはちょっとMOTTAINAI。

インデックス投信の長期保有なら1~2冊本読めば必要な知識は身につけますし、積立も月500円とか1,000円で始めることもできます。

こちら、長期投資の本としてわかりやすくおすすめです。

ジェイソンはインデックス投資13年で家族全員が一生暮らしていけるだけの資産を作ったそうです。

↓書評も書いたよ↓

【書評:ジェイソン流お金の増やし方 】長期積立投資のお手本です

2022.04.11

資産形成のポイントは少額でもいいからとにかく早く始めて「複利と時間」の効果を味方につけることだと思います。

多くの人は「投資のリスク」は考えたことあると思いますが、これからは「投資しないリスク(投資していなかったために儲けそこねた)」も考える必要があるのではないでしょうか。

インスタもやってます。よかったらフォローお願いします。

資産状況
はたのブログ
タイトルとURLをコピーしました