【スタディサプリTOEICパート3勉強法】目指せシャドーイングで100点アップ

英語勉強法

パート3の講義は全部で33講義。

パート1・2と比べるとテキストボリュームは2倍くらいになり、覚えるべきことや作業量も一気に増えます。

スタディサプリTOEIC テキスト
(全然厚さがちがう・・・)

1講座の長さは3分程度とそれまでと変わりませんが、論点・演習の解説・復習の量はグンと増えると思うので頑張ってこなしていきましょう!

TOEICパート3の問題は「男女2~3人による会話に対する設問が3つ」、これが全部で13セット出題されます。

内容は大まかに

  • 仕事:オフィスでのやり取り・仕事の提案
  • 日常:お店・病院での会話

の2種類に分けられます。

パート3に取り掛かるときのコツは「設問の先読みを必ずやる」ということです。

本番の会話が流れる前に設問を読んで「何が問われるのか?」これを抑えておけば回答しやすくなります。

よくある設問パターンは「週末に何がありますか?」「この人は次に何をしますか?」「何が問題ですか?」などがあるので覚えておきましょう。

パート3勉強方法

パート3のの勉強方法はざーっと5ステップに分けられます。

ステップ1 一回聞いて回答する
ステップ2 何度も徹底的に聞いて、聞き取れなかったところまでわかるようにする
ステップ3 答え合わせ&本文チェック。

長文問題の勉強の要領で、1つ1つの英文の意味、構文、単語の意味などをおさえる。

ステップ4 英文を見ながらシャドーイングする
ステップ5 英文を見ないで、完璧にシャドーイングできるまで繰り返す

ステップ4~5のシャドーイングがポイント。

シャドーイングとは誰かが喋っているすぐ後から、あとについて真似をすること。

かなり難しい練習法なので最初は英文のスクリプトを見ながらやってしまって大丈夫です。

スクリプトを見ながらできるようになったら、次は英文を見ないでチャレンジしてみてください。

関講師いわく、この練習を模試3回分やるだけでTOEIC50点~100点くらい上がるそうです!!

頻出パターン1「スケジュール変更」

会議の時間変更やワークショップの予定の変更など「何かの予定が変わった」というTOEIC頻出のテーマ

会話中に「変わったよ」という内容が聞こえてきたら「何がどのように変更になったのか」ということを意識しながら聴くのがポイントです

変更を示す表現として

change、instead of

がよく出てきます。

頻出パターン2「会社同士のやりとり」

FAXやメールによる会社同士のやり取りを扱ったものも頻出。

たいていちょっとしたトラブルがおこってそれに対処するという流れになっています。

他にも

・未来におこりそうなこと
・相手の業種を見極める
・相手の提案内容を見極める

などあります。

頻出パターン3「申し込み・予約・依頼」

申し込み・予約・依頼を扱った出題です。

これは話の流れにパターンがあって「買いたいと告げる」→「選ぶ」→「注意」の流れで会話が進んで行きます。

申し込み・予約・依頼の場面でよく使われる頻出語彙やフレーズは暗記です。

などなど、パーフェクト講座パート3では他にも様々な頻出パターンと攻略法解説がされています。

以上、スタディサプリTOEICの講座内容を簡単に紹介しました。

著作権の関係上あまり詳しくかけませんでしたが、実際の講座では「神講座」で有名な関講師によるわかりやすい動画解説や豊富な例題でTOEICの攻略パターンがどんどん身につきます。

7日間無料体験もあるのでぜひ一度お試しください。



いつでもキャンセルOK

【スタディサプリTOEIC評判・口コミ・効果】これで955点取れました

2020.09.01
タイトルとURLをコピーしました