世界一周クルーズの料金比較 安いのは費用100万円台で乗れます

クルーズ

「死ぬまでに世界一周クルーズに行ってみたい・・・」

誰もが一度は考えることではないでしょうか。

では実際に費用はいくら位必要なのか?クルーズ料金っていくらするの?そんな疑問にお答えします。

今回は日本発着で現在発表されている世界一周クルーズをピックアップしながら料金比較をしてみたいと思います。

船名 料金 1泊あたり料金
ゼニス号 139万円から 1万4千円
パシフィックワールド号 188万円から 1万8千円
エコシップ号 198万円から 2万2千円
JTBチャータークルーズ 188万円から 1万9千円
飛鳥2 460万円から 4万円

※すべて2名1室の場合の1名料金です

世界一周クルーズ費用は工夫次第で安くなる

日本発着のワールドクルーズでも船によって100万円台から乗れるものもあれば、1千万円~2千万円するものなど様々。

その料金は「船会社」「船のランク」「部屋ランク」「参加人数」「船上でどのように過ごすか」など様々な要件でかなり違ってきます。

世界一周クルーズともなるとスタンダードなコースは約100日・3ヶ月かけて世界を一周りするというものです。

たいてい世界一周クルーズはヨーロッパをまわる「北回り」と、アフリカ喜望峰を渡る「南回り」の2種類に分類されますが、やはりどちらのコースをとっても100日程度の日程にはなります。

それだけの長期旅行となるとさすがに100万円単位でお金が必要になってきます。

クルーズ基本料金に加えて、さらに基本料金に含まれないもの、寄港地での出費、乗船準備段階でかかる費用なども必要になってくるのでトータルに考えなければなりませんし、具体的にどういったところで費用が発生するか押さえておく事が重要です。

大雑把に見積もって基本代金以外に一人あたり50万円は準備しておきたいところです。

ここで世界一周クルーズ費用を分かりやすく以下の3つに分けてそれぞれ細かく見ていきたいと思います。

  • クルーズ基本料金
  • クルーズ基本料金以外に必要な費用
  • クルーズの乗船までにかかる費用

この3つを考慮して予算立てしていけば大きく外れることはありません。

クルーズ基本料金

旅行会社のウェブサイトやパンフレットに記載してある料金は「クルーズの基本料金」です。これはわかりやすいですね。パンフレットを見ればいくらというのが明示されていますから。

基本料金は船そのもののランク、客室のランク、参加人数でだいぶ変わってきます。大抵、一番安いのは「内側(窓がない部屋)」で4人参加、次に「海側」→「海側バルコニー付き」→「ジュニアスイート」→「スイート」といった順番で料金は上がってきます。

スイート宿泊客はスイート専用のレストランの利用ができたりと特別なサービスを受けることができる客船もありますが、スイートを除けば部屋のランクによって受けられるサービスが変わってくるということは殆どありません。

なるべく安く乗りたいとか、部屋は帰って寝るだけの場所と割り切って内側の部屋にすれば基本料金はかなり抑える事ができます。逆に部屋にバスタブが欲しい、バルコニーから海を眺めていたいなどゆったりした船旅を味わいたいのであれば部屋ランクを上げる、といった選択もあるでしょう。

ここらへんは参加者の予算や旅のスタイルで決めてしまって大丈夫でしょう。このクルーズ基本料金さえ決めてしまえば船旅の予算の大枠は固まってきます。

ちなみにクルーズ基本料金には世界をまわる移動代、食事代(朝・昼・晩・夜食・アフターヌーンティー等を含む)、ショー等のエンターテイメント、客室代が含まれます。

クルーズ基本料金以外に必要な費用

逆に基本料金に含まれないものも多くあります。

ここらへんを理解して予算を組んでおかないと、実際に乗船してから予想外の出費が多くなって、最悪予算が底をつきかねないなんてこともありえます。

以下に主なクルーズの基本料金に含まれない出費を列挙します。

  • 港までの移動費
  • オプショナルツアー代
  • レストランのアルコール代
  • チップ
  • 洗濯代
  • インターネット代
  • 寄港地観光にかかる費用

などなどたくさんあります。クルーズ出発の準備までにそこそこお金がかかりますし、実際に出発してからも船上や寄港地でいろいろなところで出費が重なると思います。

世界一周クルーズとなると100日間にも渡るので、そんなに使ってないつもりでも気がついたら最終的には意外と大きな出費になっていたということも。

個人によってお金の使い方も違いますし、実際に乗ってみないといくらかかるのか予想するのも難しいところです。

もちろんクルーズには全食事・エンタメ・移動費・宿泊代など基本的なものはすべて含まれているので、セーブしようと思えばセーブはできます。

アルコールは飲まないし、寄港地では基本的に自由観光という方はそんなにかからないかもしれません。

クルーズの乗船までにかかる費用

クルーズの準備にかかる費用も結構かかってきます。さっと思いつくだけでも、パスポートの取得・更新、ビザ代、国内(海外)移動費、海外旅行保険加入、デジカメ・洋服・スーツケース・ガイドブック、その他の小物購入代などなど。

「港湾税(政府関連諸税)」はターミナルの使用料金みたいなもので必ず支払う必要があります。

世界一周クルーズともなると寄港地も多くなるので必然的にこの港湾税も高くなってきます。港湾税に関してはパンフレットに必ず記載があるので確認しておきましょう。

ちなみに飛鳥2は旅行代金に港湾税・チップが含まれています。

日本発着の世界一周クルーズは4隻

ではここから具体的に現在発売中の世界一周クルーズ料金を見ていきましょう。

現在日本発着で世界一周クルーズを行っているのは「ピースボート」と「飛鳥2」の2社になります。

ピースボートは139万円から

ピースボートの世界一周料金は100万円から
ピースボートは創業50年、これまで100回以上の航海でのべ8万人が世界一周をしたという実績を持ちます。

私も一度ピースボートのクルーズに乗船したことがあります。その時の様子を乗船記にまとめたのでぜひ合わせて御覧ください。

ピースボート乗船記記事はこちら

一番の特徴はなんといってもその安さ。運行会社が海外企業・船の船籍も海外なので日本の厳しい規制を受けずに低コストで運行できるのがその秘密です。

「世界一周が100万円台から」というポスターを居酒屋や街中でよくみかけますよね。

ピースボートは2022年から3隻での世界一周クルーズ体制を予定しています。

それぞれ船によって航路・出発時期・クルーズ料金も異なるので、自分の興味や都合・予算に合わせて選べるのは良いですね。

ゼニス号 139万円
(4人相部屋)
パシフィック・ワールド号 188万円から
(2人部屋)
エコシップ 198万円から
(4人相部屋)

上の料金は通常料金になります。最大47%安くなる早期割引もあるので申込みのタイミングによってはかなりリーゾナブルな料金で世界一周クルーズが可能です。

1船ずつ細かく見ていきましょう。

ゼニス号 139万円から

ゼニス号の特徴は4人相部屋設定があることです。

世界一周クルーズとなると通常2人部屋になりますが、ゼニス号にだけ4人参加可能な部屋がありその分クルーズ料金もかなり安くなります。

ゼニス号の4人相部屋料金はピースボートの他の船と比べても50万円ほど安くなっています。

ゼニス世界一周クルーズ行程&料金

ピースボート世界一周クルーズ
旅行代金 客室| 2022年8月発 北中米 ヨーロッパコースのクルーズ旅行 世界一周クルーズ旅行ならピースボートクルーズ
別途諸経費
チップ代・・83,200円
ポートチャージ・・54,000円
ビザ取得代金合計・・32,475円
国際旅客税・・・1000円

ゼニス号クルーズの日程・客室別料金などはこちら。

【139万円から】ピースボートのゼニス号クルーズ料金・コース詳細まとめ

2021.11.01

パシフィックワールド号 188万円から

プリンセス・クルーズ社が所有していた船で、これまで「サン・プリンセス」という船名で運行されていました。

サン・プリンセスは1995年にイタリアで当時世界最大の客船として竣工。デビュー後はカリブ海やアラスカ航路で活躍しました。

2013年から日本発着クルーズに就航し、2019年にはJTBチャーターによる世界一周クルーズを成功させたと船として、日本のクルーズファンには馴染みのある船でもあります。

パシフィックワールド世界一周クルーズ行程&料金

ピースボート世界一周クルーズ
旅行代金 客室| 2022年4月発 北欧 アラスカコースのクルーズ旅行 世界一周クルーズ旅行ならピースボートクルーズ

別途諸費用
合計・・84,800円  
ポートチャージ合計・・60,000円  
ビザ取得代金合計・・30,375円  
国際観光旅客税・・1,000円 
米国アラスカ州クルーズ税・・4,200円

ゼニス号クルーズの日程・客室別料金などはこちら。

【2022年版】ピースボート費用まとめ 世界一周料金は139万円から

2021.10.27

エコシップ号 198万円から

2022年4月にデビュー予定の新造船エコシップ。

液化天然ガス(LNG)を主要燃料として使用し、風を動力としながら太陽光で電力をまかなう環境に優しいクルーズ船になっています。

「自然と共存する船内」をコンセプトにした公共スペースには、過ごしやすさと持続可能性を追求した最先端のデザインが随所にちりばめられています。

エコシップ世界一周クルーズ行程&料金

ピースボート世界一周クルーズ
旅行代金 客室| 2022年4月発 アラスカ航路世界一周コースのクルーズ旅行 世界一周クルーズ旅行ならピースボートクルーズ

ピースボートのクルーズは2~3年先の分まで10コースほどのスケジュールがすでに決定しています。

各船の行程や出発日・早期割引情報など詳細は公式サイトから資料請求してみてください(無料)。

参考:ピースボート公式サイト

飛鳥2 460万円から

飛鳥2の世界一周クルーズ料金
日本で最も知られている豪華客船といえば飛鳥2でしょう。

特にクルーズファンのなかでは「飛鳥2で世界一周に!!」というのは憧れ。

2022年3月出航予定の飛鳥2世界一周クルーズ料金は早期割引適応で460万円から。1泊あたり4万円強となっています。

ちなみに一番高いロイヤルスイートは2420万円となっています。

最高級のおもてなしとサービスで、わかりやすく例えると海に浮かぶ高級旅館といった感じでしょうか。

飛鳥2はどちらかというと引退された方やシニア向けで、実際に乗船客の平均年齢は73歳なんだそうです。

飛鳥2世界一周クルーズ行程&料金

飛鳥2世界一周クルーズ
飛鳥2世界一周クルーズ料金

参考:飛鳥2公式サイト

JTBチャータークルーズ 188万円から

JTBチャータークルーズは188万円から
2019年にはJTBによる98日間チャーター船世界一周クルーズが行われましたが、こちらは早期割引適応で188万円(1泊2万円弱)となかなかリーゾナブルな料金設定でした。

JTB世界一周クルーズ行程&料金

TBチャータークルーズは188万円から

サン プリンセス 世界一周チャータークルーズ|クルーズ旅行ならJTB

参考:JTB世界一周チャータークルーズ 公式サイト

また当クルーズ催行中に将来またチャーター船での世界一周クルーズを計画していると発表されていました。

現時点ではまだ詳細の発表はありませんが、今後の進展があればまた追記していきます。

まとめ

以上紹介したように、世界一周クルーズにかかる費用は「クルーズ代金 + その他の出費」トータルでいくらかかるかまで考える必要があります。

ちなみに世界一周クルーズの場合、出発直前割引的なのはありません(いままで見たことありません)。

なるべく安く済ませるには早期割引を利用するのが一番です。

早期割引にも第一弾・第二弾などあり、早ければ早いほど割引率が大きくなりお得になるのでぜひ覚えておいてください。

タイトルとURLをコピーしました