【東京オリンピック】ホテルシップに使われるクルーズ客船と料金まとめ

2020年東京オリンピック開催まであと2年。

大会期間中のホテル不足や宿泊料高騰が懸念される中、注目されているのが豪華客船を通常のホテルとして利用する「ホテルシップ」。

ロンドン2012・リオデジャネイロ2016でも宿泊施設としてクルーズ船導入の実績があります。

これまでの旅館業法では課題があり実現が難しかったホテルシップですが、国の制度緩和決定をうけ東京・横浜ではすでにホテルシップの受け入れが決定しています。

現時点で発表されているホテルシップに関して情報をまとめてみました。

当記事公開時点での最新情報を掲載しています。今後さらなるホテルシップの追加や料金等詳細が明らかになれば追記情報として更新していきます。

横浜港:サン・プリンセス

プリンセス クルーズ サン プリンセス

横浜港の山下埠頭に停泊が決まったプリンセス・クルーズの「サン・プリンセス号」。

期間は2020年7月23日から8月10日まで。五輪オフィシャルパートナーのJTBがチャーターし、宿泊とオリンピック観戦券のセット販売も検討中。

2泊3日のパッケージを想定して料金は内側客室7万円台・スイート60万円台からを想定。商品発売は2019年春を予定。

サン・プリンセス号 シップインフォメーション

  • 乗客定員・・・2,000人
  • 乗組員数・・・924人
  • 客室数・・・・1011室
  • 総トン数・・・77,441トン
  • 全長・・・・・261m
  • 全幅・・・・・32m
  • 建造年・・・・1995年

画像引用・参考:プリンセス・クルーズ 公式サイト

ちなみに、JTBは同サン・プリンセス号をチャターし2019年に98日間に渡る世界一周クルーズ行なうことを発表しています。詳しい工程や料金はこちらの記事にまとめたので、ぜひ合わせてご覧ください。

2019年JTBチャーター世界一周クルーズの料金とコース内容徹底解剖

2017.12.05

東京港:MSCリリカ

MSCクルーズ MSCリリカ

東京都がホテルシップ運営事業者に選んだのはMSCクルーズの「MSCリリカ」。

こちらの船は宿泊料金等詳細はまだ発表されていません。

MSCリリカ号 シップインフォメーション

  • 乗客定員・・・2,679人
  • 乗組員数・・・721人
  • 客室数・・・・992室
  • 総トン数・・・65,519トン
  • 全長・・・・・274m
  • 全幅・・・・・28m
  • 建造年・・・・2003年

MSCクルーズは2018年から日本発着クルーズを行っており、2020年は17万トンクラスの「MSCベリッシマ(定員5,714名)」を日本展開することも発表しています。

画像引用・参考:MSCクルーズ 公式サイト

まとめ

現時点で決定しているホテルシップをご紹介しました。

ホテルシップのメリットとして一番大きいのは、海外豪華客船そのものがホテルとなっているので日本にいながらにしてプチ海外旅行気分も味わえること。

当然、通常のクルーズ旅行で提供されるサービス(食事・船内エンターテイメント・船内フィットネス/ジム/プール使用)も同じように受けることができます。

他にも川崎港や木更津港もホテルシップを受け入れる可能性があるとして自治体との協議が進行中とのこと。

日本にある1000室以上のホテルは10施設ほど。それがオリンピック期間中に何隻も東京周辺に現れることになれば客室不足解消に大きく寄与しそうですね。

当記事公開時点での最新情報を掲載しています。今後さらなるホテルシップの追加や料金等詳細が明らかになれば追記情報として更新していきます。

【2018年格安クルーズ】日本発着1泊1万円台おすすめ豪華客船の旅を紹介

2017.12.28

ABOUTこの記事をかいた人

はた

元世界一周クルーズ客船クルー。現在はクルーズライターとして年に数回客船に乗船しリアルなレポートをお届けしています。外部メディア寄稿もやっています。

クルーズに関する質問・わからないこと・アドバイスがほしい!など要望ありましたら下のコメント欄から遠慮なく投稿ください。可能な限り対応いたします。

企業様の問い合わせ・取材依頼はこちらからお願いします。

コメントを残す

CAPTCHA