【まとめ】客船ガンツウ(guntu)の料金・全日程コース・船室・予約方法を紹介

2017年10月17日に就航した客船「ガンツウ」。就航以降はテレビや雑誌など様々なメディアに取り上げられ話題となっています。

今回はいま話題のガンツウに関して料金やコース等、気になる点をまとめてみたので紹介します。

客船ガンツウの概要

ガンツウ
まずは簡単にガンツウの概要を紹介します。ガンツウはせとうちクルーズが運行する「せとうちに浮かぶ小さな宿」をコンセプトとしたラグジュアリー客船。

客船といっても全長81.2メートル・全幅13.75メートルの小舟。客室は全部で19室しかなく定員は38人、逆に乗組員は46人とお客さんより多くなっています。1泊~3泊程度のクルーズ6コースが予定されており、オールインクルーシブで旅行代金は2人1泊40万円~90万円という、富裕層向けの観光船となっています。

船内では地元食材を中心とした食事が提供され、室内の調度品、アメニティなども瀬戸内海沿岸の生産品を厳選。 船内の食事は原宿の老舗割烹「重よし」の大将である佐藤憲三が監修、和食、洋食、寿司、スイーツなどを提供します。

ガンツウは、尾道市にあるベラビスタマリーナを出発・帰港地とし、中四国の瀬戸内海沿岸における景勝地を周遊。宮島・松山・大三島・丸亀などの寄港地では、その土地の文化を楽しめる特別なアクティビティが用意され、船だからこそわかる瀬戸内の自然美と、今までにない上質な旅を楽しむことができます。

船内の概要・客室や設備

ガンツウは3つのデッキがあり全部で19の客室とパブリックエリアで構成されています。

客室

4種類の客室が用意されていて、全19室ともオーシャンビューテラス付きのスイートルームとなっています。

部屋タイプ 料金(2名利用の場合)
1泊1室
ザガンツウスイート・露天風呂付き 1部屋(90㎡) 90~100万円
テラススイート・露天風呂なし 14部屋(50㎡) 40~50万円
テラススイート・露天風呂付き 2部屋(50㎡) 40~50万円
グランドスイート・露天風呂付き 2部屋(80㎡) 70~80万円

ザガンツウスイート
ザ ガンツウスイート01
ザ ガンツウスイート02 jpg

テラススイート
テラススイート01
テラススイート02

グランドスイート
グランド スイート1
グランド スイート2

パブリックエリア

展望デッキ
展望エリア

大浴場
大浴場

スパ
スパ

ジム
ジム

バー・ラウンジ
バー ラウンジ

ほかにも、メインダイニング・寿司カウンター・炭焼き台・ショップ等の施設もあります。

クルーズ料金と航路

そして、気になる料金と航路です。ガンツウは2泊3日を中心に、3泊4日、6泊7日で瀬戸内海を巡るコースがあります(当記事執筆時点)。

世界遺産のある宮島(広島県)、アートで知られる直島(香川県)、広島・山口・愛媛・香川・岡山などを周遊します。

寄港地では瀬戸内海ならではの体験が準備されているのもガンツウの旅の醍醐味でしょう。無人島上陸・古い町並みの散歩・漁師体験・定置網の見学・手釣り・月見などユニークなプランを楽しむことができます。

なお発着港はすべてのコースで尾道のベラビスタマリーナとなっています。

コース1:[西回り] 宮島沖・大三島沖錨泊 3日間

西回り 宮島沖 大三島おおみしま沖錨泊びょうはく 3日間
テラススイート 400,000円
テラススイート
露天風呂付き
400,000円
グランドスイート 700,000円
ザガンツウスイート 900,000円

(2名1室利用時の一人料金)

コース2.[西回り] 宮島沖・上関沖・大三島沖錨泊 4日間

西回り 宮島沖 上関沖かみのせき 大三島おおみしま沖錨泊びょうはく 4日間
テラススイート 600,000円
テラススイート
露天風呂付き
600,000円
グランドスイート 1,050,000円
ザガンツウスイート 1,350,000円

(2名1室利用時の一人料金)

コース3.[東回り]北木島沖錨泊 2日間

東回り 北木島きたぎしま沖錨泊びょうはく 2日間
テラススイート 200,000円
テラススイート
露天風呂付き
200,000円
グランドスイート 350,000円
ザガンツウスイート 450,000円

(2名1室利用時の一人料金)

コース4.[東回り]鞆浦沖・水島沖錨泊 3日間

東回り 鞆ともの浦沖 水島沖錨泊びょうはく 3日間
テラススイート 450,000円
テラススイート
露天風呂付き
450,000円
グランドスイート 750,000円
ザガンツウスイート 950,000円

(2名1室利用時の一人料金)

コース5.[東回り]鞆浦沖・日生沖・水島沖錨泊 4日間

東回り 鞆ともの浦沖 日生ひなせ沖 水島沖錨泊びょうはく 4日間
テラススイート 650,000円
テラススイート
露天風呂付き
650,000円
グランドスイート 1,100,000円
ザガンツウスイート 1,400,000円

(2名1室利用時の一人料金)

6.[東回り]坂出・水島沖錨泊 3日間

東回り 坂出さかいで 水島沖錨泊びょうはく 3日間
テラススイート 450,000円
テラススイート
露天風呂月
450,000円
グランドスイート 750,000円
ザガンツウスイート 950,000円

(2名1室利用時の一人料金)

ここで紹介したのは数多くあるコースの中の一例です。その他のツアー出発日や料金など詳細はせとうちクルーズ公式ページを御覧ください。

予約は帝国ホテル「ガンツウギャラリー」か電話で

ガンツウギャラリー
ガンツウの予約は東京・帝国ホテル内にある「ガンツウギャラリー」か電話のみの受付になっています。

とくにガンツウギャラリーでは旅の相談ができるうえ、ガンツウの模型がおいてあったり船内の雰囲気が感じられるので、関東圏の方は一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

ギャラリーの来店は完全予約制となっていているのでホームページか電話であらかじめ申し込んでおく必要があります。

ギャラリー来店申込みはこちらから

ガンツウギャラリーへのアクセス

〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 本館中2階
営業時間 10:00〜18:00
定休日 水曜日、年末年始

まとめ

ガンツウのようなラグジュアリーシップは今まで日本ではなかった新しいコンセプトでプロジェクト発表後からすぐに話題となりました。優雅に船から瀬戸内海を眺めながらただ過ぎゆく時を楽しむなんて最高に贅沢ですね。

客室数も少なく大人気の為満室必死のガンツウ。申し込み順で受け付けているようなので興味のある方はぜひ資料請求だけでもされてみてはいかがでしょうか。

参考・画像引用:せとうちクルーズ ガンツウ公式サイト

【2018年格安クルーズ】日本発着1泊1万円台おすすめ豪華客船の旅を紹介

2018.08.06