飛鳥2の料金は実際どのくらい?お得に最安値で乗船する3つの方法

日本における豪華客船の最高峰といえば文句無しに飛鳥2でしょう。

そのイメージは、お金持ちやセレブ・引退後の余裕のある方たちが乗るものでとても一般人には手の届かない高嶺の花といったようなものではないでしょうか。

確かに飛鳥2の料金は決して安いものではありませんが、全く手がでないほど法外に高いわけでもありません。では具体的にどのくらいの費用がかかるのか?

今回は気になる飛鳥2のクルーズ料金とお得に乗船するための3つの方法を紹介します。

【2018年格安クルーズ】日本発着1泊1万円台おすすめ豪華客船の旅を紹介

2017.12.28

飛鳥2の料金は平均1泊あたり3~5万円

飛鳥2の公式サイトを参考に実際のクルーズ料金を調べてみます。

近年催行されたクルーズをランダムに10件抽出してみました。話を簡単にするために客室タイプは一番安いタイプの「Kステート」という部屋で2人参加の場合における1人あたりの料金を示しています。

コース名 クルーズ料金 1泊あたり料金
日本一周グランドクルーズ33日間 1,714,000円 53,562円
ニューイヤー グアム・サイパンクルーズ10日間 495,000円 49,500円
GW春満喫クルーズ7日間 342,000円 57,000円
小笠原クルーズ6日間 310 ,000円 62,000円
日南花火クルーズ4日間 168,000円 56,000円
夏の北海道クルーズ9日間 426,000円 53,250円
横浜花火・竿燈・ねぶた祭りクルーズ8日間 402,000円 57,428円
博多・横浜クルーズ3日間 94,000円 47,000円
Xmas 横浜・名古屋ワンナイトクルーズ2日間 42,000円 21,000円
Xmas 神戸ワンナイトクルーズ2日間 45,000円 22,500円

1泊あたり57,000円から21,000円とかなり幅があります。

このように飛鳥2のクルーズ料金はシーズンや寄港地数等色々な要因で変化してきます(寄港地数が多かったら港使用料が余計にかかったり、一泊クルーズなら夕食と朝食しか出ないので料金が安い等など..)。

かなりざっくりな計算で幅が広いですが、平均すると1泊あたり3~5万円はかかると思っておいて良いでしょう。

ちなみにこのクルーズ基本料金にはクルーズ中の全食事代・エンターテイメント代等基本的な料金は全て含まれています。

船上でのアルコール代・オプショナルツアー代などは別料金となります。

飛鳥2の料金を下げる3つの方法

上記で見た通り確かに飛鳥2の料金は少々お高いものですが、その料金を下げる3つの知られざる方法を紹介します。

  1. 各種キャンペーン・割引を利用する
  2. 株主優待制度を利用する
  3. 格安クルーズ旅行専門店を利用する

1.各種キャンペーン・割引を利用する

実は飛鳥クルーズ自体が提供する各種公式キャンペーンや割引クルーズがたくさんあるんです。以下にキャンペーン・割引制度を紹介します。

  • グランド特別割引
  • 早期全額支払割引クルーズ
  • 早期申込割引クルーズ
  • アスカクラブ特別割引
  • アスカクラブ25%特別割引
  • AGE20キャンペーン
  • AGE65キャンペーン
  • フル得キャンペーン
  • ハッピーファミリークルーズ
  • 区間販売
  • 連続乗船プラン
  • スイートトリプルキャンペーン
  • K3キッズキャンペーン
  • グループ割引
  • フリードリンクキャンペーン

各キャンペーン・割引の詳細は飛鳥クルーズ公式サイトを参考にしていただきたいのですが実はこんなにたくさん割引制度があるんです。

クルーズによっては適用されるキャンペーンや割引が異なってきますがこれらをうまく適用できればクルーズ料金を下げることが出来ます。

2.株主優待で10%OFF

さらに飛鳥2を所有する日本郵船株式会社の株主優待を利用すれば10%OFFで乗船することも出来ます。

株を持っていないとダメなのかと思われるかもしれませんが、この株主優待券は金券ショップやオークションサイトで普通に購入することが出来ます。

日本郵船の公式サイトにもしっかり「ご優待割引券は株主様ご本人以外もご利用いただけます」と書かれているので株主本人でなくても優待券さえ持っていれば10%OFFを受けることが出来ます。その他

  • 1クルーズにつきご1名さま1枚限り有効
  • 他の割引及び早期申込割引等とは重複して利用できない
  • チャータークルーズにはご利用できない
  • オプショナルツアーについては、すべて割引の対象外

等使用上の注意はありますがそれでも10%OFFになるのはかなり大きいですね。

3.格安クルーズ旅行専門会社を利用する

その他にも格安クルーズ旅行専門会社を通して飛鳥クルーズを申し込むという方法もあります。クルーズはどの代理店を通して申し込んでも同じなので(クルーズの品質・サービスは変わらないという意味です)どうせなら料金の安い代理店から申し込んだほうがお得です。

飛鳥2でのクルーズ旅行を検討中の方には旅行会社JTBをおすすめします。早割などの特別料金にも対応していてクルーズ旅行取り扱い数も多く、大手なので細かく丁寧な対応やサービスが魅力です。

飛鳥2世界一周クルーズ料金は330万円から

ちなみに2018年に催行される飛鳥2の世界一周クルーズ料金は330万円からとなっています。これは早期割引を利用したときの最安値なのですが、通常料金だと412万5千円となっています。

部屋のランクが上がれば、それに合わせて料金もどんどんあがります。最上級のロイヤルスイートは早割で2,100万円・通常料金2,625万円となっています。

遂に発売!!2018年飛鳥2世界一周クルーズの料金とコースを紹介

2017.02.24

まとめ

誰もが一度は乗ってみたいと思う日本最大豪華客船である飛鳥2。

そのクルーズ代金は決して安いものではありませんがクルーズのタイミングやコース・各種キャンペーンをうまく利用すれば意外と現実的な料金まで下がってくることもあります。

また近年は1泊1万円代からの格安料金でクルーズを販売する船会社も現れ大人気となっています。2018年に日本発着で行われている格安クルーズ旅行をまとめたのでこちらの記事も合わせて御覧ください。

【2018年格安クルーズ】日本発着1泊1万円台おすすめ豪華客船の旅を紹介

2017.12.28

100万円台で行ける!!ピースボートの世界一周クルーズ料金

ピースボートの世界一周クルーズ料金
街なかに貼られているピースボートのポスターを目にされた方も多いのではないでしょうか。

ピースボートには「フレンドリータイプ」と呼ばれるクルーズ旅行にはめずらしい相部屋客室タイプがあります。もちろん1人や夫婦で参加もOKです。

料金は103泊104日のクルーズが129万円から。早期割引制度を利用すればさらにお得に乗船できます。おそらく世界一安い料金で世界一周クルーズを提供している会社です。

興味がある方はぜひ一度資料請求されてみてください。寄港地の見どころや各種割引プランなど掲載されたパンフレット、参加者の体験談や船内の様子や設備をご紹介するDVDも無料で付いてきます。

年に数回ですが、かなりお得な値段でショートクルーズもやっているので初めてのクルーズ旅行にもおすすめです。

ピースボートで世界一周クルーズしてきたので実態・評判を大公開!!

2018.03.21

ABOUTこの記事をかいた人

はた

元世界一周クルーズ客船クルー。現在はクルーズライターとして年に数回客船に乗船しリアルなレポートをお届けしています。外部メディア寄稿もやっています。

クルーズに関する質問・わからないこと・アドバイスがほしい!など要望ありましたら下のコメント欄から遠慮なく投稿ください。可能な限り対応いたします。

企業様の問い合わせ・取材依頼はこちらからお願いします。

コメントを残す

CAPTCHA