【子供乗せ電動自転車の維持費はほぼ0円】初期費用・ランニングコストまとめ

自転車

電動自転車本体は10万円を超えるものも多く、購入するにも決断力がいる商品になります。

しかし電動自転車は購入後の顧客満足度が最も高いと言われている商品でもあり、一度電動自転車の便利さを知ってしまったら普通の自転車に戻ることはなかなか出来ません。

バイクや自動車を持つと駐車場の確保・各種税金・保険代とかなりの出費になりますが、それに比べて電動自転車の維持費はほとんどかかりません

当記事では電動自転車の維持費の安さ・メリットを紹介します。

初期費用は自転車購入費と防犯登録費用のみ

電動自転車購入にかかる初期費用は、まず自転車そのものの購入代金と自転車防犯登録費用600円のみです。

バイクや車のように、登録料・税金が不要なのは自転車のメリットですね。

1回たったの10円。驚くほど安い充電コスト

電動自転車バッテリーの充電にかかる電気代はおよそ1回10円程度。

バッテリー容量によっては多少前後しますが誤差程度です。10円の充電一回で50km程度は走るわけです。

これは原付きや車と比較すると圧倒的に経済的です。

駐輪場の代金も安い

駐輪場の値段も安いです。

マンションの駐輪場代が年間2,000円だとすると原付きだとその2倍・3倍はするでしょう。車なら下手したら10倍です。首都圏ならもっと違うはずです。

街なかや駅にある駐輪場に関しても料金は全く違ってきます。自転車なら60分100円のところがバイクは20分100円だったりします。

しかも自転車なら最初の3時間は無料なんてのもよくありますしね。車のパーキングに関しては比較にならないくらいですね。

4~5年ごとにバッテリー交換が必要

唯一、お金がかかるとしたらバッテリーの交換費用でしょう。

バッテリーは消耗品なので4~5年も乗っているとヘタってきます。使用環境によって多少時期は異なりますが、明らかに充電切れが早くなってきたな、と感じるときがあります。

そうなると交換する必要があるのですが、だいたい2万~3万程度(バッテリー容量による)の出費になります。

まとめ

以上みてきたとおり、電動自転車の維持にかかる費用は「充電代」と「駐車場代」、そしてバッテリーの交換費用のみです。

田舎で公共交通機関がなくどうしても車が必要ならまだしも、都心や大都市に住んでいるのであれば車の所有はかなりの金額になるはず。

小回りが効いて近所の買物や通勤・通学にももってこい、健康にもよくエコな電動自転車の購入を考えてはいかがでしょうか。

【子供乗せ電動自転車の選び方】おしゃれで人気のおすすめ6モデル紹介

2021.02.14
タイトルとURLをコピーしました