【豆乳ヨーグルトの作り方】ヨーグルトメーカーを使って量産する方法

今回はタニカというメーカーから発売されているヨーグルトメーカー「ヨーグルティアS」を使った豆乳ヨーグルトの作り方を分かりやすく画像付きで丁寧に紹介します。

ヨーグルティアSはAmazonでは合計レビュー数が1,000件を超えていて評判もすこぶる良い超人気の大ヒットヨーグルトメーカー。

温度調整機能・タイマー・ブザー機能付きでとても取り扱いやすく誰でも簡単に失敗することなく豆乳ヨーグルトを作る事ができるおすすめのヨーグルトメーカーです。

豆乳ヨーグルトには大豆由来の健康成分がたっぷり含まれています。ヨーグルティアSを使えば簡単に豆乳ヨーグルトを量産できるのでおすすめです。

ヨーグルティアで豆乳ヨーグルトを作るのに必要なもの

ヨーグルティアを使って豆乳ヨーグルトを作るには以下の3つが必要になります。

  1. ヨーグルティア本体
  2. プレーンヨーグルト
  3. 豆乳

1.ヨーグルティア本体

Yogrtia s
まずはヨーグルティア本体が必要になります。ヨーグルティアSはヨーグルトメーカーの中では比較的高価格となっていますが、市販のプレーンヨーグルトだけでなくR1ヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・ケフィアヨーグルト・LG-21・水切りヨーグルト・温泉卵、ジャム、甘酒や納豆・味噌・塩麹・醤油麹・天然酵母・温泉卵等の発酵食品も驚くほど簡単に作れる万能アイテムです。

また温度調整機能とタイマー・ブザー機能が付いているという点も他の安いヨーグルトメーカーにはないポイントです。ヨーグルトを作るときに一番重要になるのは温度管理と時間設定です。豆乳ヨーグルトを作る時は菌を取り扱いますが、菌はとてもデリケートなので温度が高すぎたり低すぎたり、時間設定をちょっと間違えると見事に失敗します。特に冬や夏は外気温の影響を受けやすく失敗しやすくなりますが、ヨーグルティアの温度調節機能があれば年中ヨーグルトを作ることができます。

なのでこれからヨーグルトメーカーを購入されるのであればヨーグルティアSが一番のおすすめです。

私自身幾つかのヨーグルトメーカーを今まで使ってきましたが、このヨーグルティアSが一番使用頻度も高くお気に入りにのアイテムになっています。

ちょっとした初期投資にはなりますが奮発して良いのを買っておくと長期的に見てもコスパに優れています。特に毎日ヨーグルトを食べるような御家庭であれば、ヨーグルトメーカー代なんてすぐに回収できちゃいますから。

2.プレーンヨーグルト

種菌となるプレーンヨーグルトが必要です。我が家のおすすめは明治のブルガリアヨーグルトです。様々な種類のヨーグルトで作ってみましたが、これが一番美味しく出来上がりました。コンビニやスーパーで売っているやつでOK。

プレーンヨーグルト

3.豆乳

豆乳も必要。おすすめはキッコーマンの豆乳。毎回これで作っていますが失敗したことないしいつも美味しく出来上がります。

豆乳

ヨーグルティアを使った豆乳ヨーグルトの作り方

ではここから具体的にヨーグルティアを使った豆乳ヨーグルトの作り方を説明します。ちなみに今回紹介する手順はヨーグルティアの取扱説明書に記載されているレシピに従って作る方法です。

基本的な作り方としては、豆乳とヨーグルトを混ぜてからヨーグルトメーカーにセットしてスイッチをオンする。これだけ。ヨーグルティアならホントめちゃくちゃ簡単に作れちゃいます。具体的には次のようなステップになります。

  1. 手を洗う
  2. 容器を殺菌する
  3. ヨーグルトと豆乳を混ぜる
  4. ヨーグルトメーカーにセットする
  5. 冷蔵庫で冷やして出来上がり

1.手を洗う

まず手をきれいに洗ってください。洗った後の手はタオルで拭くのではなく、キッチンペーパーで拭き取るようにしましょう。手やタオルについていた菌がヨーグルトメーカーの容器に付着して雑菌が繁殖してしまうこともあるので気をつけてください。

2.容器を殺菌する

同様にヨーグルティアの内容器・内ふた・ヨーグルトスプーンを台所洗剤でよく洗い消毒します。おすすめの消毒方法は内容器の底が隠れる程度(1~2mm)水を入れて、ヨーグルトスプーンを立て、内ふたを乗せ、電子レンジで容器を加熱する方法です。目安としては500~600Wで約1分30秒くらいで大丈夫です。

熱湯をかけて殺菌する手もありますが、お湯を沸かすのも面倒だし、煮沸すると容器が変形することもあるのでレンジで殺菌の方が早いし楽で良いです。あと消毒後の水滴は軽くきり、ふきんなどで拭かずにそのまま使います。

↓写真ではわかりにくいですが容器内に水が少し入っています。このままレンジに入れてチンで簡単殺菌。

容器殺菌

3.ヨーグルトと豆乳を混ぜる

まず内容器にプレーンヨーグルトを100g入れて豆乳を900ml加え、よくかき混ぜます。

あと予め豆乳はレンジで温めておくか(1Lのパックなら600Wで3分程度。爆発はしないので心配しないでください)、常温に戻しておくと発酵がスムーズにすすみます。

豆乳を100g入れる
豆乳とヨーグルトを混ぜる

種菌が十分に混ざっていないとヨーグルトにダマができることがあるので注意してください。

よーくかき混ぜる

4.ヨーグルトメーカーにセットする

かき混ぜ終わったら付属の内フタをつけてヨーグルティアにセットします。

ヨーグルティアのセット

あとは温度とタイマーのセットをするだけです。今回のようにプレーンヨーグルト100gと豆乳900mlの場合であれば40℃・7時間にセットします。ヨーグルティアの操作パネルの取り扱いは簡単なので戸惑うことはないでしょう。温度とタイマー時間をセットしてスタートボタンを押したらあとはほったらかしで大丈夫です。

タイマーと温度設定

5.冷蔵庫で冷やして出来上がり

タイマーが終了すると発酵中ランプが消灯し、ブザー音で知らせてくれます。あとは内容器を取り出して冷蔵庫で冷やすだけです。

↓画像ではわかりにくですがよく固まっています。このまま冷蔵庫に入れて冷やします。
豆乳ヨーグルトの出来上がり

出来上がった豆乳ヨーグルト

2時間程度冷蔵庫で冷やせばもう食べられます。ちなみに出来上がったヨーグルトの賞味期限は1週間が目安です。

以上見てきた通り、ヨーグルティアを使えば豆乳とプレーンヨーグルトを混ぜてセットするだけで驚くほど簡単に正真正銘の豆乳ヨーグルトが量産出来てしまいます。

ヨーグルト作りは家庭で漬物を作るようなものです。今回はヨーグルティアの説明書に書いてあるレシピ通りに豆乳ヨーグルトの作り方を紹介しましたが、慣れてきたら発酵時間はお好みで調整してみてください。酸味が強く固めが好きな方は長めに、ドリンクのように飲みたい方は短めにタイマーをセットするなどちょっと設定を変えるだけで出来上がりが違ってきます。

まとめ

豆乳ヨーグルトはスーパーやコンビニで買うと意外と高いものですし、毎日食べるとなると家計も響いてきます。しかしこうやって自宅で作れば激安で好きなだけ豆乳ヨーグルトを食べることができます(適量というものもありますが)。

冒頭でも紹介しましたがヨーグルティアならいろんな種類のヨーグルトや甘酒・発酵食品等も簡単に自宅で作ることができ本当に便利です。ヨーグルトメーカーをお探しの方は是非ヨーグルティア使ってみてください。「これを買っとけば間違いない」といえるくらいのおすすめアイテムです。

関連記事

【簡単】タニカのヨーグルティアSを使ったR1ヨーグルトの作り方

2016.09.07

ヨーグルトメーカー比較 絶対失敗しない簡単操作機種おすすめ6選

2015.12.18