WiMAX速度が遅いと感じたら確認すべき8個のポイントと解決方法

WiMax遅い
イチオシ情報:アマゾンがCyber Monday Weekとして、12月6日(火)~12月12日(月)までの7日間限定でビッグセールを開催中!! 日替わりの特選セールなど、Amazonプライム会員限定のセールも次々登場。プライム会員ではない方は、ぜひ今日から無料体験をお試しいただき、セールにご参加ください。

>> アマゾンプライム公式サイトでキャンペーン詳細を見てみる(30日間無料体験あり)

高速インターネット通信が家でも外出先でも楽しむことができるWiMAX。その速度は同業他社と比較しても絶対的なスピードを誇っており長い間トップの座を占めています。しかし「WiMAXを使ってるんだけどなんか最近速度低下しているような気がする」そんなことを感じることありませんか?ネット接続のスピードが落ちる原因は必ずともひとつは言えず幾つかの低下要因が積み重なった結果ということも考えられます。

今回はWiMAXの速度が低下していると感じる方が確認すべき項目全8個のポイントと速度向上の為の対策を紹介します。またまだ契約していないけど速度制限が気になって契約に踏み切れない方もいらっしゃるかもしれませんが、当記事を最後まで読んでいただければ速度制限は全然気にするほどのものでないことがお分かりいただけると思います。

記事の最後ではトップ3社のプロバイダを比較・業界最安値で最もお得にWiMAXを契約できるおすすめプロバイダも紹介していますので是非最後まで御覧ください。

WiMAXプロバイダをキャッシュバック額で選ぶならGMOが最強!!

2016.11.04

WiMAXは固定回線の代わりになる!おすすめ理由と注意点まとめ

2016.05.16

まず現行の速度を測定してみる

体感スピードは遅いと感じていても実際に速度テストをして現時点でどのくらいのスピードが出ているか測定してみましょう。速度測定テストは以下のサイトとアプリ無料で簡単にできるので試してみてください。

測定結果はどうでしたか?大体の目安ですが数値とスピードの関係は以下の通りです。

数値 0~3Mbps 4~10Mbps 11~20Mbps 21Mbps以上
速さ 遅い 普通 早い とても早い

ご自身の数値と上の表を比較して測定結果が実際に低い数字ならこれから紹介する8つのポイントを確認してみてください。ひとつでも当てはまることがあり対処すれば接続スピードが上がるはずです。

WiMAX2+は最大速度220Mbpsと広告で謳っているけど実際はめちゃめちゃ低いじゃないか!と思われるかもしれませんが、よく言われるように220Mbpsと言うのは論理値であって220Mbpsという数値が出ることはありえません。実測はたいていその1/10~1/20程度なので低い数字が出てもそんなもんなんだと思ってください。心配する必要ありません。

測定結果が悪かったらこの8つを確認せよ!!

それでもやっぱり低い数字しか出ない場合は何か速度低下原因があるはずです。WiMAXの速度を向上するために確認すべき8つのポイントをリストアップしたので確認して見てください。

  1. 速度制限がかかっている
  2. WiMAX2+じゃなくて旧回線「WiMAX」を使っている
  3. 使用環境が良くない
  4. USBケーブルで繋いでみる
  5. 電波干渉がないか確認する
  6. 利用機器の問題かも?
  7. 省電力設定になってないか確認する
  8. 障害情報を確認する

1.速度制限がかかっている

速度制限がかかっているWiMAXの「ギガ放題」プランを契約の場合3日で3GB以上のデータ通信を行った場合速度制限がかかります。以前はこのような速度制限はなかったのですが2015年の春頃から導入されました。

速度制限に引っかかっているかどうかはルーター端末のスイッチを入れてみればすぐに確認することができます。まず第一にこの数値を確認してみてください。3日で3GBを超えていたら速度制限がかかっているかもしれません。

ちなみに速度制限と言ってもUQ WiMAXの公式サイトにも書かれていますが、速度制限後もYouTubeの標準動画はストレス内程度の速度は出しますよとあります。確かに速度制限後の速度を実際に測ってみると4~5Mbpsあたりは出ていますし事実YouTubeの閲覧やネットサーフィンは問題なく快適にできます。

当ブログ管理人はWiMAXを固定回線代わりに使用しており月のデータ使用量が100GBを余裕で超えています。これって毎日速度制限がかかっていることを意味するのですが、それでも不自由を感じることありません(参考WiMAXは速度制限かかっても十分速いので全く気にする必要なし)。なので明らかに速度が遅いのが実感できるのであれば速度制限の要因を疑う必要があります。

WiMAXは速度制限後も十分速いので全く気にする必要なし【検証済】

2016.05.16

2.WiMAX2+じゃなくて旧回線「WiMAX」を使っている

WiMAX2+じゃなくて旧回線 WiMAX を使っているいままでWiMAXと言ってきましたが、厳密にいうとWiMAXの回線は旧回線の「WiMAX」と新回線の「WiMAX2+」の2種類が存在します。実は現在旧回線の帯域を新回線の「WiMAX2+」に割り当てる対応が進んでおり旧回線の「WiMAX」の速度はそれにともなって13.3Mbpsとかなり遅くなっています。

現在使っている回線を確認してもし旧回線だったら今すぐ新回線の「WiMAX2+」に乗り換えることをおすすめします。現在キャンペーンが行われていて旧回線から新回線への以降は無料で行うことができます。契約解除料や新端末も無料でもらえます。これだけで多分3~5倍は早くなるはずです。

WiMAX2+への乗り換えはこちらの公式サイトより申し込めます。
>> WiMAX⇒WiMAX 2+ おトクに機種変更

3.使用環境が良くない

そもそも使用環境がよくないという可能性も考えられます。念の為にサービスエリアを確認しましょう。確認方法はこちらの公式サイトサービスエリアマップにアクセスして利用場所の地域を選択してみてください。当然ながらサービスエリアの外ならつながらないでしょうし、サービスエリア内でももしかしたら自宅の場所がエリアの端っこに位置する可能性もあります。

またWiMAXは高周波帯域という電波の特性上建物などに弱いという弱点があります。周りに高い建物があったり基地局との位置関係で速度が変わる場合もあります
エリア内だけどつながらない場合は、自宅内でのルーターの置き場所を見なおしてみてください。ベストなルーターの置き場所は

  • 窓際
  • 高いところ
  • 障害物がない

です。ちょっと動かしただけでも受信状況が変わるので自宅内なるだけ多くの場所で試してみてベストな位置を探しだしてください。

4.USBケーブルで繋いでみる

USBケーブルで繋いでみるスマホやタブレットでは通用しない技ですが、WiMAX 2+対応ルーターは「Wi-Fi」もしくは「USB」で接続が可能。実は「USB接続」のほうがより高速に通信できるんです。Wi-Fiは環境により速度が変動するのでUSB端子のあるパソコン等での利用ならUSBを利用しまししょう。Wi-Fiなら「802.11ac」がおススメです。

5.電波干渉がないか確認する

電波干渉がないか確認するWi-Fiでの通信は他のWi-Fi、Bluetooth、電子レンジなど各種電波の干渉を受ける性質があり速度低下の原因にもなります。

Wi-Fi干渉しやすいケース

  • オフィスビル
  • マンション等の集合住宅地
  • Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)
  • スマホ等が多い混雑した場所

またiPhoneやiPadなど周辺機器でBluetooth機器を利用の場合接続をOFFにしたほうが良いです。それだけで速度が改善した事象を確認できたと公式サイトにも記載がありました。

6.利用機器の問題かも?

そもそも利用機器の問題という可能性も考えられます。パソコン等に搭載されているWi-Fiモジュールのパフォーマンスも影響を及ぼします。また機器のCPUやOSが関係している場合もあるでしょう。要は使用している機器が古くてWiMAXのパフォーマンスが最大限に有効活用されていないケースです。

特にWindows7やWindows Vistaのモバイルパソコンをモバイルルーターに接続すると通信速度が遅くなる事がありコンピューターがバッテリー電源で動作している場合に通信速度が遅くなる場合があります。この問題を回避するには状況に応じて次のいづれかの方法を使用してください。

  • 方法 1: モバイルPCをAC電源に接続する
  • 方法 2: デフォルトの省電力電源プランを変更する

モバイルパソコンをAC電源に接続すると、省電力モードがオフになります。
ワイヤレス ネットワーク アダプターのバッテリー駆動時のデフォルトの電源設定を変更します。
詳しくは、こちらのMicrosoftサポートページを参照下さい。
>> Microsoftサポートページを見てみる

7.省電力設定になってないか確認する

省電力設定になってないか確認するWiMAXの端末は電力モードを切り替えることができます。「メニュー」の中に「省電力設定」という項目があるので確認してみてください。これが「バランスモード」か「エコモード」になっている場合は「ハイパフォーマンス」に切り替えてください。

デフォルトでは「ハイパフォーマンス」になっているはずですが、なんかの拍子で設定を変えてしまった可能性もあります。バッテリー消費が幾分早くなりますがネット接続スピードは上がります。

8.障害情報を確認する

意外と可能性として思いつかないのが「障害」です。ネットでもいくつかみられましたが「いろいろ調べた結果、実はWiMAXの方で障害が発生していた!」なんてケースもありました。障害に関する情報は公式サイト UQ WiMAX 障害情報で確認できるので一度見てみてください。ちなみに利用エリアが「障害発生中」の場合、できることは何もありません。工事・復旧作業が終わるのを待つしかありません。

まとめ

もう一度まとめますがWiMAXのスピードが遅いと感じたら以下の8つのポイントを確認してみてください。

  1. 速度制限がかかっている
  2. WiMAX2+じゃなくて旧回線「WiMAX」を使っている
  3. 使用環境が良くない
  4. USBケーブルで繋いでみる
  5. 電波干渉がないか確認する
  6. 利用機器の問題かも?
  7. 省電力設定になってないか確認する
  8. 障害情報を確認する

このうちどれか1つでも当てはまるなら、上で紹介した対処法でスピードアップするはずです。ぜひ試してみてください。

今月のWiMAXキャンペーンTOP3

TOP1 GMOとくとくBB

  • キャッシュバックで選ぶならGMOで決まり!
  • 他社と比較しても圧倒的なキャッシュバック額!
  • どこよりも安い業界安値のプロバイダ!
  • 20日以内ならキャンセルOK。違約金ナシ!

>> キャンペーンサイトを見てみる

端末受取月(初月) 1ヶ月目~2ヶ月目 3ヶ月目~24ヶ月目 2年間の総額費用
月額料金無料 月額3,609円(税抜) 月額4,263円(税抜) 63,781円(税抜)

※契約時に事務手数料3,000円が別途必要になります

WiMAXプロバイダをキャッシュバック額で選ぶならGMOが最強!!

2016.11.04

超簡単!!GMOとくとくBBキャッシュバック3万円を絶対にもらう方法

2016.11.01

TOP2 So-net モバイル WiMAX 2+


  • 安心と信頼のSo-net!
  • キャッシュバックは20,000円!
  • 安心&便利をプラスしてくれるオプションサービス有!
  • 土日もOK!So-netなら安心のサポート体制!

>> キャンペーンサイトを見てみる

端末受取月(初月) 2ヶ目~3ヶ月目 4ヶ月目~24ヶ月目 2年間の総額費用
月額料金無料 月額3,495円(税抜) 月額3,980円(税抜) 月額65,570円(税抜)

※契約時に事務手数料3,000円が別途必要になります

TOP3 @niftyWiMAX

  • キャッシュバックは20,000円!
  • 実績のある@niftyのサービス!
  • 口座振替で支払いもOK!

>> キャンペーンサイトを見てみる

端末受取月(初月) 2ヶ目~3ヶ月目 4ヶ月目~24ヶ月目 2年間の総額費用
月額料金無料 月額3,420円(税抜) 月額4,100円(税抜) 月額67,940円(税抜)

※契約時に事務手数料3,000円が別途必要になります

WiMAXは速度制限後も十分速いので全く気にする必要なし【検証済】

2016.05.16

WiMAXは固定回線の代わりになる!おすすめ理由と注意点まとめ

2016.05.16
WiMax遅い