子供連れだけど新幹線グリーン車に乗ったら超楽で快適だった件

ネット上では子供をグリーン車に乗せることに関して「迷惑だ」とか「贅沢すぎる」とか、子供をグリーン車に乗せた写真をアップした芸能人のブログが大炎上したりと結構批判的な意見が多く見られます。

それを承知の上で年末年始の帰省の為新横浜から博多間をグリーン車で移動したのですがめちゃくちゃ快適でした。今回は実際に子供を連れての新幹線グリーン車乗車がどんな感じだったかレポートします

車内で子供がどんな風に振る舞うかは、子供の年齢やその日の体調や機嫌に大きく左右されるかとは思いますが参考になればと思います。ちなみに乗車時のうちの子供は4才です。

amazonプライム会員15の特典メリットと年会費を無料にする方法

2016.02.11

新幹線の子供料金ってどうなってるの?

新幹線の子供料金はグリーン車であれ自由席・指定席であれ未就学児であれば無料です。料金が発生するのは小学生からです
サイト参考:JR東日本公式

もちろん子供料金を払わなければ子供の座席はありません。親の膝上に座ることになります。
逆に未就学児でも座席を占有するのであれば子供料金を支払う必要があります。

年末年始やゴールデンウィークのようなシーズン中だったらジェットスターやピーチのようなLCCでも結構な料金になりますよね。

今回の帰省に際して飛行機と新幹線の料金を比較してみたところ、グリーン車に乗っても新幹線の方が安上がりだったので新幹線を選びました。座席は大人2人分だけ取ったので子供は膝上です。

乗車区間は新横浜から博多

新横浜駅
今回の移動区間は新横浜から博多。新横浜を朝7:49分に出発して博多到着は午後12:40分。約5時間の乗車です。結構長いです。

ちなみにLCCを利用しても横浜ー福岡間にかかる移動時間は同じくらいです。成田空港への移動時間とか早めに着いておくことを考慮に入れると結局あんまり変わらないんですね。
むしろ大きな荷物を持って電車やバスを乗り継いで成田へ行くよりは新幹線の方が楽だったりします。

迷惑をかけないための必須持ち物

子連れで新幹線に乗るときにはなるべく子供が退屈したりぐずったりしないように対策アイテムを準備する必要があります。
うちの子供は4歳なのでもうぐずったりはしません。とはいえ、他のお客さんに迷惑をかけてはいけないので準備は万端にしていきました。

子供が暇をしてちょこちょこ動き出したりぐずらないように以下のアイテムは必須でしょう。

  • お気に入りの絵本
  • ちょっと長めのアニメ(DVDとか動画)
  • お菓子とジュース

子供って景色を見るのが好きなので、基本電車に乗ったら窓の外を眺めていることでしょう。しかし、数時間の移動となると確実に飽きてきます。
そんな時には日々お気に入りの絵本やアニメが役に立ちます。

うちの子供にはあらかじめダウンロードしたお気に入りのドラえもんのスペシャルバージョンをパソコンで見せました。ちょっと罪悪感を感じましたが、イヤホンつけさせてほっておけば1時間は黙って見てくれてました。ちなみにN700系グリーン車であれば全座席に電源がついているので手持ちのガジェットのバッテリー切れを心配する必要はありません

当然お腹も空くでしょうからお菓子とジュースも準備しておきましょう。ワゴンサービス販売で買うのもいいかも。スジャータのバニラアイスクリームは美味しいのでオススメです。

乗りごごちはどうか

新幹線グリーン車座席
乗車中ずっと膝上は厳しいって思われるかもしれませんが、僕の場合嫁と交代で意外と大丈夫でした。グリーン車の座席幅って普通席より広く、足元もかなり広くとられています。クッションもよく効いているし、リクライニングも深めにとれるので子供が膝に乗っていても思ったほど大変じゃありませんでした。
というか超快適でした。こんな感じで子供を乗せててもスペースは十分あります。

新幹線グリーン車子供を膝の上に乗せた

子供に絵本を読んであげたりパソコンで動画を見せるにしても大きめのテーブルがあるのでゆったりと広げて見ることができます。

テーブルが2つあるので食事も楽に取ることができます。

新幹線グリーン車テーブル

シーズン中であれば指定席・自由席はほぼ満席で通路に立っている人がいるほどでトイレに行くだけでもめちゃくちゃ大変です。

というわけで、乗り心地は思ったりすごいよかったです。長時間の乗車になればなるほどグリーン車のありがたみをひしひしと感じることができるでしょう。

まとめ

常識的に考えて乳幼児やまだ頻繁にぐずるような子供を乗せてのグリーン車乗車はアウトでしょうが、年長さんくらいの年齢であれば静かに落ち着いていることもできるでしょうからアリだと思いますよ。騒がないなら大丈夫です。

逆に年長くらいの年でも騒ぐかもしれないと不安を感じるようであればグリーン車はやめた方がいいです。おとなしく飛行機を使いましょう。

子連れ乗車について、実際に乗車した人の意見や車内ではどんな感じで過ごすことになるのかという情報はあまりネット上にもなかったので参考になればと思います。

今回初めて子連れでグリーン車に乗りましたが、想像以上に快適で楽に過ごすことができました。

イチオシ情報!!
Amazonファミリー会員30日間のお試し無料会員登録で3,900円のクーポンが必ずもらえるキャンペーン開催中。いつでも解約は可能ですしAmazonファミリー会員はお得な特典が数多くあり子育て世代のご家庭にはおすすめのサービスです。
>> Amazonファミリー公式サイトを見てみる