【口コミ・レビュー】ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)買った感想

12/19にユニクロから新商品「ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)」が発売されました。「ウルトラウォーム」というネーミングだけあって今までのヒートテックの上位モデルといった位置づけで、通常のヒートテックの約2.25倍の暖かさがあるということで発売前から気になってました。

早速発売日に購入して着てみたんですが、明らかに今までのヒートテックより遥かに段違いで暖かいです。今回は実際どのくらい暖かいのか・外での使用感・サイズの選び方・着心地等をレビューします。

めちゃめちゃ暖かかった

まずいちばん気になる暖かさですが、結論から先に言うといままでのヒートテックと比較しても確実に暖かいです。初めて着た瞬間に違いがスグにわかりました。とにかく暖かい。外気を遮断しつつ体が発する熱を逃さずに温めてくれる感じです。外に出るとその暖かさがよくわかります。激しい運動でもしない限り蒸れることもなくかなり快適です(そもそもヒートテックを着てアウトドアアクティビティや運動と言うのは使い方が間違っているけど)。

ユニクロは「寒さの厳しい地域に住んでいる方や氷点下に近い場所で長時間作業する方などのために開発しました」と謳ってはいますが、野外でお仕事や作業をされる方はもちろん、普段のタウンユースや部屋着としてもめちゃめちゃ活躍してくれると思います。北国にお住いの方に限らず九州とかでも(冬はすごい寒いですからね)日本全国で重宝するのではないでしょうか。私は関東に住んでいますが、とりあえず今年の冬はウルトラウォームにお世話になると思います。

ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)とは

ヒートテックウルトラウォーム 超極暖 とは
ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)はユニクロ史上最も暖かいヒートテック。冒頭でもふれましたが12/19に発売されたばかりの新商品です。価格は1,990円(税別)と通常のヒートテックの約2倍程します(ちなみに年末年始の大セール期間中もこのヒートテックウルトラウォームだけは値下げされませんでした)。

ヒートテックは2003年の発売以来、毎年改良を重ね進化し続けてきましたが、「ウルトラウォーム」の登場によりあらゆるシーンに応じて最適なヒートテックが選べるようになりました。

今回の新作登場で現在のヒートテックラインアップは

  1. ヒートテック
  2. ヒートテックエクストラウォーム(極暖)←通常のヒートテックよりも1.5倍暖かい
  3. ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)←通常のヒートテックよりも2.25倍暖かい

の3種類になりました。ちなみに今回発売のヒートテックウルトラウォーム(超極暖)に半袖はありません。MEN’S/WOMEN’S共に長袖とタイツタイプの2種類があります。

ヒートテックエクストラウォーム商品ラインアップ

ラインアップ
商品名 色柄数 サイズ展開 販売価格
ウルトラウォームクルーネックT(MEN’S) 4 XS-4XL ¥1,990+消費税
ヒートテックウルトラウォームタイツ(MEN’S) 2 XS-4XL ¥1,990+消費税
ヒートテックウルトラウォームクルーネックT(WOMEN’S) 4 XS-3XL ¥1,990+消費税
ヒートテックウルトラウォームレギンス(WOMEN’S) 2 XS-3XL ¥1,990+消費税

ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)の特徴

ヒートテックウルトラウォーム 超極暖 の特徴

「ウルトラウォーム」の暖かさは、通常のヒートテックやエクストラウォームとも異なる特殊な編み設計にあります。この編み設計により、さらなる繊維のふくらみ感アップと、裏地の起毛部分の毛足を長くすることに成功。繊維の間の繊細な隙間(エアポケット)が増えてより多くの空気を溜め込めるようになり、生地内に大量の空気層をつくり出すことで保温力を高めています。この特殊起毛により、着た瞬間から暖かさを実感いただけます。ストレッチ機能や吸湿機能も備えており、柔らかな風合いで極寒の環境下でも動きやすく、快適に過ごしていただけます。
引用:ユニクロ公式サイト

ユニクロの公式サイトによるとヒートテックウルトラウォーム(超極暖)の特徴は以下の5つがあります。

  1. 発熱
  2. 保温
  3. 吸放湿
  4. ストレッチ
  5. 形状保持

1.発熱

体から蒸発する水蒸気を繊維自体が吸収し、熱エネルギーに変換。素材自体が暖かくなります。

2.保湿

特殊な編み地と繊細な起毛の組み合わせによりエアポケット(空気の層)を作り、断熱効果を高めることで発生した熱を外に逃がしにくくしました。

3.吸放湿

衣服内の余分な湿気を吸収し、衣服の外へ放湿することで蒸れ感を軽減します。

4.ストレッチ

ストレッチ素材により最適なフィット感を実現。伸縮性があるのでとても良い着心地です。

5.形状保持

特殊な編み地により、たかい伸縮性と耐久性を実現。洗濯による型崩れを防止します。

ヒートテックエクストラウォーム(極暖)を着てみた

私は極端な寒がり屋で毎年秋頃から春先まで普段からユニクロのヒートテックかエクストラウォーム(極暖)を愛用しています。今回普通のヒートテックより2.25倍も暖かい新作が発売されるということで、発売前から速攻購入を決めていました。発売当日に店舗へ出かけてさっそく長袖のシャツを1枚購入してきました(タイツタイプの方はとりあえず見送りです。シャツの機能性を確かめて良かったら買おうと思っています←その後、結局タイツタイプも買っちゃいました)。

発売日当日は特にセール等は行っておらず定価の1990円+消費税で購入しました(セールを待つか一瞬迷ったけど買いました)。これまでのヒートテックはプラスチックの袋に入って売られていましたが、ウルトラウォームのパッケージは箱になっています。

パッケージ表
ヒートテックウルトラウォームパッケージ表

パッケージ裏
ヒートテックウルトラウォームパッケージ裏

パッケージ横
ヒートテックウルトラウォームパッケージ横

今回購入したのはMEN’SのMサイズ・ネイビーカラーです。
ヒートテックウルトラウォーム

ヒートテックウルトラウォームの着心地・暖かさ

箱を開けてみて手に持ってみた第一印象は「ちょっと重たくて薄手のセーターみたい」といった感じでした。重さに関しては今までのヒートテックより確実に重たいです。生地の厚さも全然ちがいます。

従来のヒートテックはちょっと生地をのばすと向こう側が透けてしまいます。↓こんな感じ。
ヒートテック生地

しかしウルトラウォームは生地自体が厚く作られていてふっくら感があります。これは保温力を高めるために裏地の起毛部分の毛足を長くしたからでしょう。生地を伸ばしても透けません。
↓こんな感じ(これでも生地を引っ張ってます)
ヒートテックウルトラウォーム生地

素材を比較しても両者には違いがあります。ウルトラウォームではアクリルの割合が増えました。そのお陰で暖かさと保湿機能が向上したというのもあるのではないでしょうか。

ヒートテック ウルトラウォーム
(今回発売されたやつ)
アクリル41%
ポリエステル36%
レーヨン20%
ポリウレタン3%
アクリル47%
ポリエステル26%
レーヨン20%
ポリウレタン7%
ウルトラウォーム 素材

ちなみに普通に洗濯はできます。色落ちだけ注意必要。
洗濯取扱

サイズ感・着心地は?

私の身長は170cm・体重は60kgの標準的な体型ですがMサイズで丁度よかったです。サイズ選びに関しては通常着ている服のサイズと同じで大丈夫でしょう。

正面
後ろ

さっそくウルトラウォームを着て外を歩いたり、屋内で軽くストレッチをしてみましたが生地の伸縮性があり突っ張ったりすることもなくとても動きやすかったです。着心地は良いですよ。

ヒートテックウルトラウォームがおすすめできない環境・使い方

ヒートテックウルトラウォームはホント暖かくて動きやすくて良いモノだと思うんですが、実は使用がおすすめできない環境・使い方があります。それは激しい運動(ランニング・サイクリング・登山等)をする際にインナーとして使用するケースです。

ヒートテックの弱点として吸い取った汗が乾くのに時間がかかるという点があります。その原因は素材の中でも20%を占めているレーヨンにあります。レーヨン自体は肌触りが良いという特徴を持つ一方、吸水性が高いという性質から大量に汗をかくと吸水率が飽和してしまい乾くのに時間がかかります。結果運動の後に急に体が冷えてしまい真冬の高山では低体温症などで重大な結果につながる危険もあります(そもそも真冬に登山される方はそれなりに知識があるのでヒートテックで山登りなんて間違ってもしないと思いますが)。

ちなみに、わずか19歳にして世界最高峰・エベレスト(8848メートル)の登頂に成功し日本人最年少記録を塗り替え、七大陸最高峰制覇を達成したことで有名になった冒険家・南谷真鈴さんはユニクロのヒートテックを登山ウェアとして選んでいるという記事がユニクロのサイト内にありますが(参考記事:エベレストを登頂した南谷真鈴がヒートテックを選んだ理由。)、実はヒートテックの下に他社のインナーを着用していたことには一切触れていません。南谷さんはユニクロとスポンサー契約を結んでいるのでそんなことインタビュー内では口が裂けても言えないのでしょう(でもご自身のフェイスブック内では他社製品をヒートテックとセットで使っていることにはっきり言及しており、その内容はヒートテックだけではエベレスト登山なんかできませんと言っているにも等しい)。

日常使用ならヒートテックは価格面・機能面では文句のつけようがありませんが、激しい運動にはむいていません。運動時には運動に適した機能性インナーを各社発売していますのでそちらを使いましょう。ちなみに南谷さんがヒートテックの下にいつも着用しているのはアウトドア專門用品を作っているミレー社の「DRYNAMIC」という商品です。価格はお高いですが汗をかいてもスグに乾く特殊素材が使われているので激しい運動にもってこいです(そしてめちゃあたたかい)。おすすめアイテムです。

まとめ

まだ発売されたばかりで十分使い込んでいませんが、ウルトラウォーム(超極暖)の第一印象はかなり良いです。とにかく今までより暖かくて動きやすく快適です。定価が1990円(税別)とちょっと高めですが、その分の価値は絶対にあると思います。

ユニクロはよく週末などにセールを行っているので、気になる方はセールを狙って値下げされたときに一度お試し感覚で購入してみてはいかがでしょうか(2017年1月10日追記:年末年始のセールでも値下げされることはなかったので、もしかしたら今後もずっと定価販売かもしれません)。後悔することはないと思いますよ。ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)は全国のユニクロとオンラインショップで購入可能です。

>> ユニクロ公式サイトはこちら