妻が結婚記念日を完全に忘れててマジで逆サプライズした件

去る2016年1月11日に我ら夫婦の6回目の結婚記念日を迎えました。

今年の1月11日は成人の日で祝日だったんですが嫁は仕事で不在。
プレゼントどうしようかなーとずっと悩んでたんですが、サプライズさせようと嫁がいない間に子供と二人で密かにケーキを作ることにしました。

めっちゃ豪華なフルーツケーキが完成して、「これは絶対喜ぶよねー」って子供と二人で言いながら嫁の帰宅を待ちわびていました。

しかし….

この続きは涙なしには読めません。ハンカチ準備しといてください。

amazonプライム会員15の特典メリットと年会費を無料にする方法

2016.02.11

結婚記念日サプライズケーキを作りました

朝から子供とママチャリに乗って近くのスーパーへ材料調達。
ケーキの材料とフルーツをこれでもか!と言うほど買い込みました。

早速家に帰ったら準備です。
子供エプロン姿

ケーキが焼きあがってチョコレートをかける!この時点で超うまそう。
子供はちょっと飽きてきたのか妖怪ウォッチを見始めた…
チョコレートケーキ

そして、フルーツをのせる(子供再参加)。
結婚記念日ケーキ フルーツ

息子と2人で協力しつつ超豪華フルーツケーキが完成しました!
サプライズフルーツケーキ

あとは嫁の帰りを待つだけです。

嫁が結婚記念日ということを100%忘れていた

夜になって嫁がやっと帰宅。早速サプライズケーキを披露!

「ジャジャーン!」

….が、嫁はなぜケーキが出てくるのか理解していない様子。
「スゴイ〜!でもなんでケーキなの?」って普通に聞かれました。

嫁:「スゴイ〜!でもなんでケーキ?

僕:「1月11日だから。」

嫁:「ああ。いい(11)日ね。」

まじか!嫁の方は完全に今日が結婚記念日だったことに気づいていない。
忘れているというか、気づいていないというか、結婚記念日という概念自体が嫁の中にはもはやないのかもしれない。

ある意味僕にとっての逆サプライズでした。

まとめ

結婚記念日おめでとう。今年も1年よろしくね。

来年はもっと驚かせてやる。