【Alex Plusレビュー】リアルタイムで姿勢測定をしてくれるウェアラブルデバイス

私は専業ブロガーとして働いている事もあり、1日中デスクに座ってパソコン作業をしています。

しかも自宅で仕事をしているので基本的に外に出る必要もなく必然的に運動不足になりがちだったのですが、このままでは健康によくないなと思い数ヶ月前にジム通いをはじめました。

トレーナーさんにカラダをチェックしてもらったところ首と背中が前かがみになっていることを指摘されました。自分では真っ直ぐ立ってたつもりなのに・・・。

そこでおすすめされたのがバランスボール。あまりにも有名なので説明する必要もないと思いますが、普通に座ってるだけで背筋が伸びて自然と姿勢も正してくれるアイテム。

ただ、バランスボールでもカバーできない箇所が1つあります。それは首。

背筋は真っ直ぐしててもやはりどうしてもパソコンやスマホをしていると自然と首が前かがみになってしまうんですよね。結果体に負担がかかって肩や首が凝ってしまうという悩みがありました。

なんて感じている時に絶妙のタイミングでリアルタイムで姿勢測定をしてくれて更に警告まで出してくれるウェアラブルデバイス「Alex Plus」を使ってみませんか?というお話をいただき、1つ返事で快諾。

レビューさせていただいたので、使い勝手や感想など紹介します。

首の姿勢の測定・矯正機「Alex Plus」

Alex Plusの基本的な機能は、デバイスを首の後に着用するだけで悪い姿勢が一定時間続くとバイブレーションでリアルタイム通知してくれるというもの。

外見はこんな感じ。手のひらに乗せてみるとサイズ感もわかりやすいと思います。

Alex Plus 外見

付属品としてポーチがついているので持ち運びもできます。自宅と会社の両方で使う人はこれうれしい。

Alex Plus ポーチ

装着時はこんな感じです。

Alex plus 装着時

Alex Plusで出来る4つのこと

Alex Plusには姿勢測定を含めて全部で下記の4機能があるのでそれぞれ紹介していきます。

  1. リアルタイムの姿勢の測定
  2. 姿勢レポート
  3. ストレッチ運動する
  4. 活動量不足の通知

1.リアルタイムの姿勢の測定

Alexは首の姿勢を1秒間に10回測定し独自のアルゴリズムで判定。事前に設定した角度より首が下がるとバイブレーションで知らせてくれます。

設定はAlexと専用のアプリをスマートホンにインストールして連携させます。

Alexとスマホを連携

アプリはiOS、Androidの両方に対応しています。

ALEX+, Posture Habit Changer

ALEX+, Posture Habit Changer
開発元:NAMU
無料
posted with アプリーチ

端末とアプリの連携は至って簡単。Alexを首周りに装着して、スマホに表示されているインストラクションにそって初期設定の手順を踏んで行くだけです。

首を前後に動かすとアプリのアニメーションが連動して動くようになっているので(端末内にジャイロセンサーが組み込まれていてスマホと連動している)、まずは自分の正しい姿勢を設定します。

正しい姿勢の設定

あまり前かがみになってしまうと表示が赤くなるので(悪い姿勢だということ)、青い範囲で正しい姿勢を設定しましょう。

正しい姿勢の設定2

次に悪い姿勢とその姿勢が何秒続いたら通知を出すのかを設定します。

悪い姿勢を登録する

10秒以下だとちょっと下むいていただけですぐにアラームがでるので30秒がおすすめです。

悪い姿勢を登録する2

最低限必要な初期設定はこれだけです。ここで設定した悪い姿勢が指定した時間続くと首にかけているAlex端末が振動して「首まっすぐしろ」って教えてくれるわけです。仕組みは物凄くシンプルです。

実際に使ってみて、使い始めはちょっと厳し目に設定しておいたほうが良いかなと感じました。自分は少し緩めにしていたせいか、初日はあまり通知がされず「これちゃんと動いているのかな?」と疑問に思ったので、2日目から厳し目に設定変更するとバンバン通知が来るようになりました。

ココらへんは実際に使ってみないとわからない部分が大きいと思うので、最初に1~2日はいろいろとチューニングしながら最適設定を見つける必要があります。

一旦、設定が終わってしまえば後は特に何もする必要ありません。ただ身につけておくだけ。

Alexの一番の特徴はこの「身に着けておくだけで良いという点」でしょう。あとバッテリーも一度フルにしておけば1週間近く持つので、充電の手間もかからず楽ですね。

Alexのこの基本的な機能だけ使って入れば悪い姿勢の習慣はかなり改善されるはずです。

実際の着け心地も悪くないです。イヤーフックの箇所はシリコンで作られているので自然と耳にフィットしますし、すごく軽いので長時間使っていても違和感全くなし。普通に使っている限りは外れたりすることもないです。

2.姿勢レポート

アプリで確認出来る姿勢レポートというのがあり、時間・日・週・月別の成績を確認することができます。確認出来る項目は以下のとおり。

  • 合計着用時間
  • 通知の回数
  • 悪い姿勢の平均割合
  • 良い姿勢の平均保持時間
  • 平均の変動通知件数

アプリのデザインもわかりやすくレポートもひと目で内容がわかるようになっています。

アプリホーム画面

履歴タブに行くと過去の履歴を1日単位で確認することも可能。

過去の履歴

さらに日付をタップするとその日の詳細レポートを見ることもできます。

レポート

こうやって長期間ログを取ることで自分の姿勢が少しづつ改善されていることを目視できるのは、続けるモチベーション維持という意味でもよいですね。

4.ストレッチ運動する

首と背中の筋肉を強化するストレッチや良い姿勢をキープするためのストレッチ、首の緊張をほぐすエクササイズがあります。アプリの画面に従って正しくカラダを動かせば自動カウントされるようになっています。

ストレッチ運動

自分はジムで同じようなストレッチをやっているのでこの機能はあまり使用しませんが、数分で出来る内容なので仕事中のちょっとした息抜きや休憩時にやるとリラックス効果もあり良いかもしれませんね。

またコーチングプログラムも用意されているので同時進行で取り組むと効果が高いかもしれません。

5.活動量不足の通知

悪い姿勢をキープするのも良くないことですが、動かずにずっと座っているのもそれ以上にカラダに悪いです。海外では「座り続けることはタバコより悪い」なんて言われていますしね。さらに長時間座っている人は寿命が短いなんて研究もあります。

Alexには30分カラダを動かさずじっとしている場合振動で知らせてくれる機能がついてるんですが、これは急に長めの振動で知らせが入ってくるので結構びっくりします。やべっ、動かなきゃって感じになりとても良い。

ちなみにApple Watchにも1時間座り続けていると立ち上がるようにリマインドしてくれる機能がついていますが、あれと全く同じものですね。

自分はApple Watchを使用しているのでAlexのこの機能はOFFにしていますが、Alexにこの機能がついているのは物凄くいいと思います。

まとめ

自分で注意しているつもりでも自然と姿勢は崩れていくものです。Alexなら身につけているだけで姿勢をただしてくれるので長続きできるのではないでしょうか。

慢性的な頭痛や肩こりに悩まされている方は一度試してみると良いかもしれません。長期的に使い続けてみたアイテムの1つです。