【レビュー】アルク「TOEIC完全攻略シリーズ600点コース」やってみた

アルクから発売されているTOEIC対策教材「TOEIC完全攻略シリーズ600点コース」を実際にやってみました。

TOEIC完全攻略シリーズ600点コースは新形式のTOEICテストに完全対応。この講座だけでTOEIC600点を効率よく最短3カ月で獲得できるようにかつ実践的に使える英語を身につけることができるように設計されていて、今すぐTOEICの点数を上げたいという方におすすめです。

今回はTOEIC完全攻略シリーズ600点コースを使ってみたレビューとその教材内容を紹介します。

ちなみにこのコースの受講推奨レベルはTOEIC500点程度となっています。

3ヶ月あればTOEIC600点は誰でも取れる

はっきりってTOEIC600点を取るのは難しくありません。600点程度なら正しい勉強法を行えば比較的簡単に誰でも取れるレベルです。TOEIC公式サイトによると600点のレベルは

  • 自分宛てに書かれた簡単な仕事上のメモを読んで理解できる。
  • ゆっくりと配慮して話してもらえば、目的地までの順路を理解できる。

程度としています(参考TOEIC公式サイト スコアの目安)。

TOEIC600点くらいのレベルならやるべきことはかなり限られてきます。それ以上のスコアを目指すための余計な勉強はしなくていいんですから。

「TOEIC完全攻略シリーズ600点コース」は正に3ヶ月でTOEIC600点を取得することを目標に開発されていて、「とりあえずこれだけ3ヶ月間しっかりやれば大丈夫」という内容になっています。

  • 3ヶ月以内に何としてもTOEIC600点とりたい
  • どうしても仕事上スコアをアップしないといけない
  • 初めてのTOEIC試験に向けて良い教材を探している

といった方へはTOEIC完全攻略シリーズ600点コースはかなりオススメな英語教材になっています。

3ヶ月でTOEIC600点が取るためのカギ

ここでは講座のポイントと特徴を紹介したいと思います。

まずTOEIC初心者・英語学習初心者がTOEICを受験した時に一番大きな壁として感じるのが試験の圧倒的なボリュームではないでしょうか。

またスコア500点台の伸び悩みの原因は「時間切れ」だと言われています。2時間で200問の問題を解くTOEIC(R)テストでは、いちいち英語を和訳していては大幅な時間のロスになります。

この新形式対応講座ではTOEIC本番で全問題の2/3の正解を効率よく目指します。特にパート3・4・7の長文パートに注力しているように思われます。

TOEIC完全攻略シリーズ600点コースでは以下の7つのポイントに絞ってスコアアップを図る内容になっています。

  1. 英語を語順のまま理解する力をつける
  2. 文法力と語彙力を定着させ「基本的な問題」を確実に解く
  3. 基礎トレーニング+テスト問題演習+定着学習で実践力を養う
  4. TOEICテストの時間の壁を突破する力を養う
  5. 「聞く・読む・音読」を通した実践力を養う
  6. 各パートの特徴や解法テクニックを身につける
  7. 文意を理解しながら制限時間内で読める力を養う

TOEIC完全攻略シリーズ600点コースの教材

それではここから実際に教材の内容を紹介していきます。まず講座に含まれている教材を見ていきましょう。このコースには教材音声がCDになっているバージョンとMP3でダウンロードするバージョンの2つがあります。CD版を購入するとCDも一緒に送られてきますが、MP3版の場合ウェブからダウンロードする必要があります。

  1. コースガイド(1冊)
  2. テキストブック(3冊)
  3. テストブック(1冊)
  4. Final Test(1冊)
  5. CD(11枚 0r mp3ダウンロード)

1.コースガイド

コースガイド
コースガイドには3ヶ月間を通してのカリキュラムが詳細に記されているので、よく読んでまずしっかり内容を確認します。カリキュラム通りに学習を進めれば1日の学習時間は50分~60分。ちょうど90日で全ての内容が消化できるような構成になっています。

こういった英語教材の一番いい所はその日1日のやるべきことがはっきりしている点です。コースガイドに従って毎日ひたすらテキストをこなせば必ず力が着くようにちゃんとなっていますから勉強方法に悩むこともありません。

2.テキストブック(3冊)

テキストブック 3冊
テキストは3冊、講座の中心となる教材です。1ヶ月で1冊を終わらせるペースで取り組むようになっています。3冊ともだいたい150ページくらいの厚さです。コンパクトサイズなので持ち運びは問題なし。通勤・通学時間などのスキマ時間をみつけて復習するのにもぴったりです。

3.テストブック

テストブック
このテストブックは本番のTOEICテスト対策として各パートの攻略法を学び実践力を身につけるためのテキストです。毎週取り組む「Weekly Drills」と1ヶ月毎に取り組む「Monthly Test」が収録されています。

4.Final Test

Final Test
3ヶ月の学習の成果を測るテストです。実際のTOEICテストと同じ形式で問題を解き、提出後に990点満点中の予想スコアがはじき出されます。3ヶ月間しっかり教材をこなしていれば600点は越えているはずです!!

実際のテキスト内容

ではここから実際にテキストを見ながらどのような教材内容になっているのか紹介していきたいと思います。例えば学習1ヶ月目のメニューは以下のとおりになっています。

テキストブック1

↓一週間でやるメニュー(やること・得る力)はこんな感じです。

やること 得る力
週の1~4日目
  • 英語を日本語に訳さずに英語の語順のまま理解したり、場所や時を表す語句を正確に押さえるトレーニング
  • 文法の確認と反復練習による語彙の定着
  • 毎日の学習に組み込まれた前回の復習
  • TOEICの時間の壁を突破する力
  • TOEICの基本的な問題を解く力
  • 聞く・読む・音読を通した実践力
  • 週の5日目
  • 監修者による「攻略ナビ」&TOEICテスト形式のミニテスト
  • TOEICテスト各パーツの特徴や解法テクニック
  • 週の6~7日目
  • リスニングの復習、部分ディクテーション、リピーティング練習、及び単語の復習
  • リーディングの復習、段階的な速読練習と単語の復習
  • 学習した内容の確実な定着
  • 文意を理解しながら制限時間内で読める力
  • サンプルとして1日目の内容を以下にアップします。

    Brushup

    テキストブック2 
    まずはウォーミングアップ程度に「Brushup」というタスクの問題を解いていきます。ここでは穴埋め問題に取り組みます。

    テキスト上では穴埋め問題となっていますが、口にも出して英文を読む訓練もおすすめです。聞くことと声に出すことで複合的に脳を刺激し英文の定着を図れますよ。テキスト学習の際は付属のCD(or ダウンロードしたMP3の音源)を聴きながら進めることになります。必ずしも一度で回答しなければいけないということはないので、すぐに答えを見ようとするのではなく、聞き取れなかった箇所や問題が理解できなかった場合は何度も繰り返し分かるまで聴き直しましょう。

    またテキスト内ページ下には「Vocabulary」という語注も付いているのでわからないところが出てきたらこの欄を参照するのも良いです。1日目は超基礎的(でも重要)な内容でそう難しいものではありませんが学習が進むに従って内容は難しく濃い内容になってきます。

    Buildup

    テキストブック3
    次の「Buildup」ではBrushupで学んだ知識を活用するタスクになっています。そのユニットで学習する英語の語順にちなんだ練習やTOEICテストのPart2によく出てくるような「場所」と「時間」が問われる問題に取り組みます。また短めの会話やアナウンスを聴きながら並び替え問題に答えます。これもTOEICによくある問題形式の一つですね。

    答え合わせ

    解答と解説はかなり詳細にされていて学習のポイントが盛り沢山なので必ず全て目を通しましょう。
    テキストブック4

    以上、1日に消化すべき問題はこれだけです。普通に取り組めばおそらく60分もあれば十分終わる内容だと思います。とは言ってもこれだけで終わりにしないでください。ユニットで学習した内容は完全に理解してしっかりと吸収しなければなりません。

    そのためには復習する必要もありますし、しばらくすると学習内容を忘れることもあるでしょうから、一定期間を置いてもう一度テキストに目を通すといったことも必要です。

    この600点コースで扱う構文の殆どは中学での既習事項です。中学英語と聴いてバカにする人もいますが、実はTOEIC600点程度なら中学英語をしっかりと復習して中学英語の定着を目指せば突破できると言われています。現実世界のコミュニケーションでも高校以上の文法・語法の知識が無くてもさほど困ることはありません。しっかり中学英語が定着していれば英語を英語のまま理解することもできます。まさにこのプログラムが目指すところですね。

    ただし、これはいきなりできるものではありません。段階的に練習しなければ身につきません。まずは単語やフレーズなど意味のまとまりがすぐに捉えられような練習をし、徐々に単文から複文、文章へと英語を理解できるようにしなければなりません。この教材をしっかりこなせばそのような力が自然と身につくようになっていると感じました。

    TOEIC600点取得には勉強時間がどのくらい必要か?

    以上紹介した通り毎日1時間程度テキストにとりかかり、その他のスキマ時間を利用して復習をひたすらやる。といった感じでできれば1日1時間は学習時間を確保したいところです。

    週で合計7時間、3ヶ月だと単純計算で100時間弱の計算になります。これだけみっちり勉強すればTOEIC600点取れるのも当たり前だよねというくらいのレベルにはなります。

    Final Testを受ける

    Final Test
    最後に講座受講後の実力をチェックするFinal Testを受けます。実際のTOEICテストと同じ形式で、受験後に990点満点中の予想スコアを知ることができます。これはオンラインで解答を提出します。教材到着時に同封されている「確認書」に採点受付締切日が記載されているので必ずその日までに提出する必要があります。

    まとめ

    TOEIC完全攻略シリーズ600点コースを実際に使ってみましたが、本当にTOEIC600点獲得にフォーカスを絞った教材になっていて社会人に合った内容で英語の基礎・基本をマスターすることができるようになっていると感じました。

    世の中にはいろんな教材があり下手に色々手を出してしまって結局ほとんど身につかなかったというのがよくあるパターンですが、このような教材に絞ってひたすら3ヶ月勉強したほうがよっぽど英語力が身につきます。

    TOEIC600点くらいなら中学英語をマスターしていれば手に届くレベルです。この講座では中学英語を社会人に合った題材にあてはめ、日常シーンからビジネスシーンで使える語彙・表現としてカバーし英語の基礎・基本をマスターすることができるようになっています。TOEIC600点レベルの実力が身につくのはもちろん、実際に使える英語力が身につくという点でもおすすめできる教材です。

    アルク公式サイトで「TOEIC完全攻略シリーズ600点コース」の詳細を見てみる

    おすすめ記事

    独学でTOEIC955点を取得し海外就職を果たした私の英会話勉強方法とおすすめ教材を紹介。誰でも真似して行えるように分かりやすくステップを解説しています。ぜひご覧ください。

    独学で英会話を身につける為の効率的な勉強法とおすすめ教材

    2017.05.08

    当サイトおすすめ英語学習アプリNO1

    スタディサプリイングリッシュ リクルートからリリースされている英会話アプリ「スタディサプリ ENGLISH」が超絶おすすめ。

    日本人が一番苦手とする「スピーキング」と「リスニング」を最短で身につける事を目的とした英会話アプリ。AppStore教育カテゴリランキングでも堂々の1位獲得。

    月額980円と有料になっていますが、コンテンツ量といい内容といい他の英会話アプリを圧倒しています。
    キャンペーン終了まで残り6日。6/28(水)12:00までWEB申し込み限定で初夏の特割キャンペーン実施中!!

    期間限定で月額料金が980円→600円(約40%OFF) & Amazonギフト券1,200円分がもらえるキャンペーンが行われてます。

    実質1日20円で全ての機能が使い放題と、申し込まないほうが損なくらいお得な内容になっています。先着5,000名までの限定となっているので申込みはお早めに!!(いつでも解約OK)
    インプットとアウトプットをバランスよく鍛えて実践で使える英語を効率良く身につけることができます。 TOEIC対策にもおすすめ。1週間の無料体験と返金保証もあるのでぜひ一度お試しください。

    スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

    スタディサプリENGLISHの評判は?6ヶ月使ってみた感想と効果

    2016.07.28