TOEICパート1で高得点を得るための勉強法と3つの攻略ポイント

(画像引用:TOEIC公式サイト)

TOEICで得点をあげるのであれば、全問正解を目指したいのがパート1です。写真を見るタイミング、注意して見るべきポイントなど、失敗しないためのコツを3つ紹介しますのでしっかりと頭に入れて取り組みましょう。

人物が1人の写真では、動作に注目する

パート1は、点を稼ぎやすいパートです。スコアはパートと関係なく合計の正答数で決まるので、点の取りやすい箇所では確実に正答を狙いましょう。

写真問題には、大きく分けて「人物写真」と「人物以外の写真(風景写真)」があります。まずは、写っているものに注目し、それを英語で何ていうか確認しましょう。人物が1人では、その人の動作に注目します。

パート1の冒頭では、毎回同じディレクションと例題が流れます。この間に6枚全部の写真に目を通し、写真の中で目立つものを確認しておきましょう。

またパート1では、ほかのパートにあまりでない「日常生活の単語」がよく出ます。ladder(はしご)、walkway(歩道)、railing(手すり)、container(容器)等の名詞のほか、lean against ~ (~によりかかる)、reach into ~ (~に手をのばす)等の動作を表す表現がよく出てきます。

人物が複数の写真は、共通の動作に注目

パート1で最も多く出題されるのが、複数の人物が写っている写真です。このタイプの写真では、「共通の動作」や「違う動作」に注目しましょう。また、人物ばかりをみていると後ろの風景の描写が正解のときに気づけない可能性があるので、全体に目をむけることも大切です。

またパート1では、写真に写っている物が「上位語」で言い換えられることが多くあります。例えば「りんご、バナナ」の上位語は「果物」です。より大きな概念を表す語と考えるとよいでしょう。

TOEICテストでよく出る上位語の例はappliance(家電製品)、machine(機械)、vehicle(乗り物)、equipment(機器)、water(水辺)などです。

風景描写では人の動作を表す選択肢を選ばない

風景写真でも、人が写っている写真と同様、まず写っているものに注目して単語を確認します。パート1は「写真描写問題」と呼ばれる通り、写真を描写するのが特徴です。つまり、「今の場面」を表す現在形や現在進行系が正解で、過去形や未来形は選択肢に出てきません。ただし、「受身形の進行形」には要注意です。

1.Flowers are being arranged in pots.(花が植木鉢に植えられているところです【受け身の進行形】)
2.Flowers have been arranged in pots.(花が植木鉢に植えられた状態です【現在完了形】)

1は現在進行形で、「今」花が植木鉢に植えられいるところであると描写しています。つまり、この文は、動作をしている人が写っているときに正解になります。一方で2は現在完了形で、花がすでに植木鉢に植えられた状態を描写しています。従って、人が写っていなくても正解になります。この2つ、are being と have been は音がよく似ていますが、表す状況は異なるので注意が必要です。

TOEIC勉強法と最短で効率よくスコアを上げるための解答テクニック

2016.11.18

TOEICパート1で高得点を得るための勉強法と3つの攻略ポイント

2016.10.21

TOEICパート2で高得点を得るための勉強法と6つの攻略ポイント

2016.10.23

TOEICパート3で高得点を得るための勉強法と12つの攻略ポイント

2016.10.23

TOEICパート4で高得点を得るための勉強法と7つの攻略ポイント

2016.10.23

TOEICパート5で高得点を得るための勉強法と6つの攻略ポイント

2016.10.23

TOEICパート6で高得点を得るための勉強法と4つの攻略ポイント

2016.10.23

TOEICパート7で高得点を得るための勉強法と15の攻略ポイント

2016.10.23