TOEICパート4で高得点を得るための勉強法と7つの攻略ポイント

(画像引用:TOEIC公式サイト)

TOEICテストパート4は1人の話し手によるトーク(説明文)。どんな話題が取り上げられるのか、どんなポイントに注意して聞くといいのか、まずは基本をしっかりと押さえます。またパート4の最後は図表問題も出題されます。

1.先読みと頻出パターンの把握が鍵

パート4の基本的な解き方はパート3と同じです。重要なのは設問を先読みし、聞かなければいけないポイントを理解した上でリスニングに入ることです。全体の内容を問う問題、詳細を問う問題の考え方も同じです。

パート3と違うポイントは話し手が一方的に話すという点と、頻出するトークのパターンが存在することです。パターンを知った上でトークを聞くと、全体の内容がつかみやすくなります。トークの前にナレーターが読み上げるQuestion 71 throuogh 73 refering to the following ~.の「~」の部分ではどんなトークかが判断できるのでここで心の準備をしてください。

またパターンごとの頻出表現、言い換え表現を、例題や練習問題を解きながらトークの種類とあわせて覚えていきましょう。

2.8つの頻出パターンと聞き取りのポイント

パート4で頻出するトークと聞き取りポイントは次の通りです。

1.乗り物のアナウンス 場所・目的・変更内容/理由・聞き手が何をするべきか
2.ラジオの交通情報 渋滞の場所/理由・回避方法・次の番組の予告
3.人物紹介 経歴・肩書・最近の活動
4.店内放送 商品やサービスの内容・セール期間・得点を受け取る方法/条件
5.イベントの前説 話し手/聞き手・スケジュール(場所・時間)・禁止事項・依頼事項
6.電話メッセージ 話し手/聞き手・目的・聞いた人が何をすべきか
7.スピーチ 話し手/聞き手・目的・場所・聞き手が求められていること
8.宣伝 商品やサービス・場所・得点を受け取る方法・条件

まずはこれらの頻出パターンの流れとポイントを頭に入れてください。そしてそのパターンに出てくる単語をあわせて覚えましょう。パート4はリスニングセクションの最後で疲れも溜まってきている中でトークを聞くので難しい印象を持ってる方もいるかもしれません。しかし、パターンがあるので対策がしやすいともいえます。

3.意図問題はパート3と同様に対処する

パート4にはパート3と同様に意図問題が出てきます。トークの中のある発言が文脈の中でどういう意味をもつのかを選択肢から選びます。パターンとしては以下の様なものがります。

Why does ~ say “—” ? なぜ〜は「—」と言っているのか
What does ~ mean when he/she says “—” ? ~が「—」という際、何を意図しているのか
What does ~ imply when he/she says “—” ? ~が「—」という際、何を示唆しているのか

パート4はパート3と違って会話の切れ目がありません。トークの中のどこで問題となる発言がでてくるのかがわかりづらいと感じるかもしれません。先読みする際に問われている発言をしっかりと頭に入れてリスニングに備えましょう。

意図問題は割合としてはとても少なくなっています。例題や練習問題をやってみて歯がたたないと感じたら、意図問題に集中するよりも、他の頻出パターンの学習に時間を多めにさくようにするのも一つの手でしょう。

4.図表問題

パート4の図表問題ですが、基本的な解き方はパート3の図表問題と同じです。問題はトークと図表を関連付けなければ解けないようになっています。設問を先読みして聞き取るポイントを予測しながら、選択肢には載っていない情報を待ち構えることを意識しましょう。図表の種類には表や地図、グラフ、クーポンなどがあります。練習を重ねて様々な問題形式になれていきましょう。

5.地図タイプの問題

聞き取るだけで大変なのに地図を見て場所を特定するなんて・・・と憂鬱になる方もいるかもしれません。しかしTOEICの地図問題ではスタート地点や現在地から順を追って説明してくれるので、迷子になっても目的地にたどり着ける可能性は十分あります。最後に「目的の場所は◯◯の隣です」と伝えてくれたりすることもあるので、最後まで諦めずに聞きましょう。

実生活で何処かに行く時、現在地はどこでどこから出発するのかを把握しておかなければなりませんね。リスニングの際も同じです。聞き逃さないようにしましょう。

6.表に全てが書かれているとは限らない

次の図表と選択肢をよくみてください。パート3で図表問題についてしかり学んだ人は、あれ?と思うかもしれません。

Item Order Quantity
Desk
Chair
Shelf 3

選択肢

  • (A)Sales
  • (B)Accounting
  • (C)Marketing
  • (D)Personel

そうです、選択肢の情報が図表の中にありません。つまり、「選択肢に取り上げられていない図表情報に集中して解答する」という手法では対応できない問題も出題されるということです。

例えば、会社での備品の注文についてのトークだとします。上の図表の場合、「どこの部門が注文しましたか」という設問が考えられます。トークの中から部門に関する情報を聞き取り、なおかつ図表と関連付けて答えを導き出さなければなりません。先読みした時点で選択肢と図表に目を通して心構えをして臨みましょう。

7.英語の持久力

実際のテストでパート4を解いている時ってどんな状態でしょうか。もうクタクタ、聞きたくないし聞き取れない。。。そんな気持ちになっていませんか。例えばマラソン大会に出場するとします。大会までの日々をどう過ごしますか?いきなり当日に42.195km走ったりしませんよね。

まずは5km、10km、と走る距離を伸ばしながら持久力を付けていきますよね。TOEICテストも同じで準備が重要です。そして、ただ漠然と聞く時間を伸ばすのではなく、聴いて意味を理解する集中力を持続させることを意識しましょう。

TOEIC勉強法と最短で効率よくスコアを上げるための解答テクニック

2016.11.18

TOEICパート1で高得点を得るための勉強法と3つの攻略ポイント

2016.10.21

TOEICパート2で高得点を得るための勉強法と6つの攻略ポイント

2016.10.23

TOEICパート3で高得点を得るための勉強法と12つの攻略ポイント

2016.10.23

TOEICパート4で高得点を得るための勉強法と7つの攻略ポイント

2016.10.23

TOEICパート5で高得点を得るための勉強法と6つの攻略ポイント

2016.10.23

TOEICパート6で高得点を得るための勉強法と4つの攻略ポイント

2016.10.23

TOEICパート7で高得点を得るための勉強法と15の攻略ポイント

2016.10.23