3ヶ月でTOEIC600点取得する為の効率的な英語勉強法とおすすめ教材

今回は英語学習初心者の方がTOEICのスコアを最短3ヶ月で600点レベルまで上げる効率的な英語勉強法と、それを達成するために必要なおすすめ参考書と教材を紹介します。

英語学習初心者にとってはTOEIC600点というレベルは高い目標に思われるかもしれません。確かに900点台を達成するためには相当な時間と努力が必要になりますが、実は600点程度のレベルなら難易度もそう高くなく、正しい勉強法で最低限必要な対策さえやっていれば比較的短期間でだれでも達成することができるとても現実的な目標点なのです。

しかも英語初学者は成長の伸びしろに手がついていないのでやればやるほど面白いほどスコアアップすることができます。これからTOEICや英会話の勉強を始めたいけど何から手を付けていいのかわからないという方やスコアが伸び悩んでいる方、おすすめの参考書をお探しの方など是非参考にしてみてください。

TOEICテストとは?

まずTOEICとは何かをおさらいしておきましょう。敵を知らずに闇雲に勉強をしても非効率な学習になってしまいます。受験英語には受験英語に最適な学習方法があるようにTOEICにもそれなりの学習方法があります。それを知るためにはまずTOEICがどういったものか把握する必要があります。

TOEICのテスト形式と構成

具体的にテストがどのような形式で構成されているか見ていきましょう。TOEICはリスニング問題(45分間・100問)とリーディング問題(75分間・100問)の大きく2つにわかれていて合計2時間で200の問題に答えるマークシートテストとなっています。途中休憩はありません。テストは全部で7つのパートに別れており詳しい問題構成は以下のとおりです。

リスニングセクション

リスニングセクション(45分間・100問) 会話やナレーションを聞いて設問に解答

Part1

写真描写問題 6問
1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送される。説明文は印刷されていない。4つのうち、写真を最も的確に描写しているものを選び解答用紙にマークする。

Part2

応答問題 25問
1つの質問または文章とそれに対する3つの答えがそれぞれ1度だけ放送される。印刷はされていない。設問に対して最もふさわしい答えを選び解答用紙にマークする。

Part3

会話問題 39問
2人または3人の人物による会話が1度だけ放送される。印刷はされていない。会話を聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。会話の中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。 各会話には設問が3問ずつある。

Part4

説明文問題 30問
アナウンスやナレーションのようなミニトークが1度だけ放送される。印刷はされていない。各トークを聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。トークの中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。各トークには質問が3問ずつある。

リーディングセクション

リーディングセクション(75分間・100問) 印刷された問題を読んで設問に解答

Part5

短文穴埋め問題 30問
不完全な文章を完成させるために、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。

Part6

長文穴埋め問題 16問
不完全な文章を完成させるために、4つの答え(単語や句または一文)の中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。各長文には設問が4問ずつある。

Part7

1つの文書:29問
複数の文書:25問
いろいろな文書が印刷されている。設問を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。文書内に新たな一文を挿入するのに最も適切な箇所を選ぶ設問もある。各文書には設問が数問ずつある。

TOEIC600点とはどのくらいのレベルか?


では実際に600点のスコアを保持している人はどのくらいの英語ができるのでしょうか。TOEIC公式サイトによると

  • 自分宛てに書かれた簡単な仕事上のメモを読んで理解できる。
  • ゆっくりと配慮して話してもらえば、目的地までの順路を理解できる。

とあります。TOEIC600点は基礎力プラスアルファがあることを証明するスコアです。TOEIC500点と600点の違いはこのプラスアルファの力が身についているかどうかであると言えます。まだ英語を自由に使いこなせるわけではありませんが、単語や文法の力があるだけでなく、リスニングやリーディングにおいて運用力につながるレベルに達しています。600点を持っていると持っていないとでは、その後の伸びが大きく変わってきます。

ターゲットを設定してスコア取れるところで取る

TOEICは2時間で200問解くという集中力を要する長丁場の試験。初心者は時間が足りなくてとても全ての問題に手を付けることはできないでしょう。しかしTOEICスコアは問題の難易度に関係なく正解数が多いほうがスコアが高くなります。TOEICは英語初学者から上級者まで全員が同じ問題を解きます。なので簡単な問題から難しい問題まで様々あります。全ての問題に答える必要はなく難しい問題に正解する必要もありません。大事なことはそのなかでも初学者でもわかるような簡単な問題で確実に点を拾っていくとこです。これが600点を取るための戦略です。

そのためには英語の基礎を徹底的に堅めつつ、TOEICの問題パターンを理解することが必須になります。問題のパターンを理解した上でポイントをついた勉強をすることが最短でTOEICのスコアを上げることを可能にします。

自分のレベルに合った参考書・教材を選ぶ

短期間でTOEICのスコアを600点に上げるためには自分のレベルに合った参考書を選ぶ必要があります。実力400点の人が900点レベルの参考書で勉強したところで英語力はつきません。無駄な時間と労力を費やすだけです。重要なのは現在の自分のレベルに合った参考書をみつけて、それをひたすら何度も繰り返すということです。

勉強を続けていたら他の教材を試したくなるかもしれません。しかしそこは我慢してください。多くの教材に手を出すよりも厳選された教材を徹底的にマスターしたほうが学習効率は遥かに良いといえます。あやふやな知識を身に付けるよりも何度も同じ学習を繰り返してしっかりとした基礎固めをしたほうが長期的に見ても有効的な勉強法です

ではここからTOEIC600点を目標とする人におすすめす参考書・教材を紹介します。

おすすめ英単語帳

英語は英単語が全てはありませんが、英単語を知らなければ何も始まりません。まずは中学英語を徹底的に復習してください。中学英語だからといって馬鹿にできません。何事も基礎が一番大事です。まずこの本で中学英単語の再確認をしてください。

基礎の英単語・熟語はとりあえずこれを覚えておけばいいでしょう。しかもこの本はCD付。リスニングの基礎練習としても良いです。タイトルには1800単語という数字が入っていますが、すべてが知らない単語ということはないでしょう。皆さん少なくとも中学校の3年間で英語を勉強していると思うので忘れてしまった単語だけ覚えてしまえばいいのです。

おすすめ文法書

単語の復習と同時にやる必要があるのは文法です。自分も中学生だった頃は文法が苦手だった記憶があります。でも大人になって再学習してみると実際そんなに難しいと思えるものではありません(高校文法は別の話ですが、あそこまでマニアックなことまで覚える必要は全くなし)。文法を理解することはリスニング・リーディング対策にもなります。

こちらの本は中学英文法の重要性に着目しTOEIC600点を目指す人のために作成された参考書です。中学文法のおさらいとTOEIC向け文法の基礎作りとしてもおすすめできる良書です。

TOEIC600点に特化した参考書

600点を目標とするならそれ以上の勉強をすることは無駄で非効率です。TOEIC600点に特化した参考書で勉強することが大事です。TOEICはある程度問題パターンがあってテクニックでスコアアップは比較的簡単だということを聞いたことがあるかもしれません。

TOEICにかぎらずあらゆる資格試験にはかならずそういったものが存在します。もちろんTOEIC対策参考書にもそのような本が出版されているのでこれらの書籍を繰り返し学習することで最短ルートで600点にたどり着くことができます。最低限の単語と文法を抑えてしまったら、次はよく出る表現など出題ポイントをおさえる勉強をしましょう。

この本はアマゾンでもランキング1位を獲得している良書。CD2枚付きの他、合計15時間以上もの講義をダウンロードできるので耳からの学習もできるようになっています。

本番向け模試問題に挑戦する

「英単語」「文法」「よく出る表現」の3つをしっかり身につければ、あとは本番試験に向けてひたすら問題集を解きまくりましょう。複数の出版社から模試問題集が発売されていますが、ここはTOEIC公式問題集をお勧めします(ちょっと高いですけど)。公式問題集にこだわる理由は

  • 問題が本番と同じクオリティー
  • 音声も本番と同様のクオリティー、TOEIC®公式ナレーター
  • 実際のTOEIC®テストの問題用紙と同じサイズ・レイアウト

という3つです。TOEIC本番当日は緊張するかもしれませんが、それでも本来持っている実力を発揮しなければなりません。そのためにもなるべく本番環境に慣れておくことが重要です。模擬試験でも静かな場所を見つけて時間を測って模試を受けてみてください。また一度解いて終わりではありません。間違った問題は放置しないで次に同じ間違いを起こさないようにしなければなりません。

模擬試験を繰り返し受けることで自分に何が足りないかみえてきます。何度も繰り返し解くことで時間配分の判断能力など本番に強くなりますし出題傾向やコツもみえてくるはずです。

おすすめアプリ紹介

スタディサプリイングリッシュ
リクルートからリリースされている英会話アプリ「スタディサプリ ENGLISH」が超絶おすすめです。月額980円と有料になっていますが、コンテンツ量といい内容といい他の英会話アプリを圧倒しています。一番の特徴は、リクルート独自の方式で日本人が一番不得意とする「リスニング」「スピーキング」を効率的に短期間で伸ばすことを目的にしている点です。

独学で英会話をマスターしたい方には本当におすすめのアプリです。これさえスマホに入れておけば他の英会話アプリは全削除してもいいくらいのレベルですから。通常、一週間の無料体験制度があるのですが、本サイト経由申し込みでキャンペーンコード「TRY2016」を使えば1ヶ月間全ての機能が使い放題になります(キャンペーンコードの有効期限は2017年3月31日まで)。ぜひ一度お試しください。

下記のリンクからプレミアム会員申し込みページへ行き、会員登録時に出てくるキャンペーンコード入力項目に「TRY2016」と入力してください。

>> スタディサプリ ENGLISH公式サイトを見てみる(1ヶ月間無料体験特典付き)

スタディサプリENGLISHの評判は?3ヶ月使ってみた感想と効果

2016.07.28

まとめ

繰り返しになりますが英語学習初心者でもTOEIC600点程度なら比較的簡単に到達することが可能です。ただどうせ勉強するなら一番効率のよい最短ルートで勉強すべきです。TOEICのスコアを上げるためには英会話スクールに通う必要もありません。必要な教材さえ揃えてしまえば独学で比較的簡単に達成できるレベルです。

自分のレベルに合った適切な教材で繰り返し反復学習を行う。それだけです。今回紹介した教材をぼろぼろになるまで3ヶ月間毎日繰り返し学習すれば大丈夫です。他の教材に手を出したくなるかもしれませんが、グッとこらえて一つのことを継続してください。結局それが最短でTOEICのスコアを上げるための効率的な勉強法です。

ちなみに私は自分で考えだしたある英会話独学勉強法でTOEIC955点取得・海外就職まで果たしました。興味のある方はぜひご覧ください。

関連記事

通勤時間に英語を効率的に勉強できる超おすすめのアプリと教材5選

2016.02.26