【英会話独学】短期間で効率的にマスターする為の3ステップ勉強法

ステップ3:スピーキングの練習をする

スピーキングのトレーニング
私がなんとなくスピーキングができるようになってきたなと感じたのはある程度リーディングとリスニングの量をこなしてからでした。

おそらくアウトプットするためにはそれ以上の圧倒的なインプットが必要だからでしょう。

考えてみれば当たり前で、極端な話インプットゼロならアウトプットもゼロ。逆にある程度インプットができていればアウトプットもできるはず。

ということでインプットが終わったらあとはひたすら会話の練習をするだけです。英語は知っているだけでは意味がありません。使ってナンボです。

英会話にはある程度反射神経が必要になるので日頃から英語を口にするというのが必須です。

しゃべる前に頭のなかで文法を組み立てたり、日本語で考えて英語に訳すなんてことやっていたら会話になりません。これはもうトレーニングと慣れでいくしかないです。

おすすめスピーキング練習法

いつでもどこでも手軽にできるおすすめのスピーキング練習方法は、自分の考えや目の前に見えるものをすべて英語で実況中継することです(経営コンサルタントの大前研一さんも実践していた方法)。

あと歩いている時にでも日常会話表現フレーズやネイティブが必ず使う決まり文句フレーズ、英文パターン、言い回しをぶつぶつ口に出して丸暗記するのもおすすめ。スピーキングの基礎はパクリです。ネイティブの表現をたくさん覚えてそのまま使ってみましょう。

たくさんの言い回しを何も考えずにスラっと口をついてでてくるレベルまで暗記してください。とにかく丸暗記。そうすればしゃべるときに文法や語順など考える必要ありません。

それからいわゆるシャドーイングもかなり効果的。英文スクリプトを見ずに音声を聞き、シャドー(影)のように1,2語ずれて後から追いかけて発話する練習です。何度も繰り返していると、スクリプトを暗唱してしまいますが、決して同時に発話しないように気をつけて下さい。

あくまでも「聞こえてきた英語を耳でキャッチし、それに少し遅れて、同じ内容を再現する」ということが大切です。発話するときは、なるべく意味を頭で思い浮かべて下さい。繰り返し練習することで、音を聞き取る力と発話力が格段と上がります。

英語スピーキングおすすめ書籍

シンプルな方法ながら確実に英語力が身につく良本。知っている英語を「使える英語」にするために英語回路を作るトレーニングブック。有名な本なので知っている方も多いと思います。

簡単な英文をスピーディに大量に作って正確に瞬間的な切り返しができる練習を重ねることでスピーキングの力が身につくようになっています。

オンライン英会話で実践練習を積む

アプリや本を使ってスピーキングの練習をするのはいいですが、やはり最終的にはリアルな人と面と向かって実践を積む必要があります。

普通に生活していてネイティブと話す場なんてそう多くはないでしょうから、これはもうお金を払って機会を設けるしかありません。

おすすめは最近流行りのSkypeを利用したオンライン英会話スクールでのマンツーマンレッスンです。数多くのサービスがありますが、一番おすすめできるのが「DMM英会話」です。

DMM英会話の特徴は

  • 75カ国以上から講師が選べる
  • 24時間好きな時にいつでもレッスン受講可能
  • 7400以上の豊富な教材が無料
  • 日本人によるサポート付き
  • 他社と比べてリーゾナブル

多くのオンライン英会話はフィリピン人講師が多くを占めていますが、DMMは6000人以上の講師から自分にピッタリの講師を選ぶことができます。

ネイティブ講師にこだわるならプラスネイティブプランなんてレッスンコースのもあります。

価格的にも業界最安値で他社と比較しても安いし、大手なのでサポート体制も安心。無料体験制度もあるのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

DMM英会話で無料体験を受けてみる

この章のまとめ
スピーキング上達のコツはとにかくたくさん喋ること。場を踏むしかない。英会話が苦手な方は話す量が圧倒的に足りていないだけです。

間違えながらも少しづつ修正しながら上達していくものです。話せば話すほど上達しますから。

ある程度トレーニングを積んだらオンライン英会話等を利用して実際に英語を喋る練習も始めるようにしましょう。

英会話上達に必要な勉強時間はまず1000時間

英会話上達にはそれなりに時間がかかる
以上で英語が必ず上達する3ステップ「リーディング→リスニング→スピーキング」を説明しましたが、実はこれだけでは不十分です。

と言うのも正しい勉強法をとったとしてもそれを続けなければ上達しないからです。

日本人が英会話ができない決定的な理由

多くの日本人は中学から大学まで長ければ10年間英語の勉強をしているにもかかわらず英語が喋れません。

「読み書き中心の教育」「そもそも言語形態が違う」などいろいろと原因が語られますが、決定的なのは冒頭でも触れたように「英語に接する時間が圧倒的に少ない」というのが一番の原因です。単純に時間が足りていないだけです。

アメリカ人がどうして英語をしゃべれるかというと、「毎日喋っているから」です。皆さんも日本語を毎日使っているから日本語が喋れるのです。英語学習に限ったことではありませんが物事の上達というのは基本的に投入した時間に比例します。

とにかく短期間で英語を上達させたいのなら、効率的な学習方法を導入しながら勉強時間を増やすことです。

まず1000時間をめざそう

まず1000時間をめざそう
1日3時間の学習をしっかり毎日続けると、1ヶ月で100時間です。土日は3時間以上やるとすれば、100時間なんて余裕で超えますね。

1ヶ月続けられたということは、ある程度の習慣化ができていると考えてよいでしょう。その調子で続けてください。1年継続できれば1000時間です。

1000時間しっかりやれば英語の上達を実感できるはずですし、ライバルともかなりの差がついているはずです。

1年継続できれば、時間確保の方法や自分なりに勉強法も確立できているでしょうしあとはその調子で継続あるのみです。

英会話をマスターしたいなら短期決戦で一気にやってしまうべきです。特に学習初期の1~2年は集中してやりましょう。

さっさと他の人との差をつけて、英語を武器に転職してしまったほうがいいですよ。なんだかんだ言って本気で英語勉強している人って少ないですから、やればやるほど差がつきます。

独学英会話勉強法のまとめ

以上、私が独学で英語をマスターした英会話勉強法でした。最後にも一度おさらいしておくと

  1. リーディングでインプットの練習
  2. 同時に英単語と文法の基礎を固める
  3. リスニングと発音の練習を同時におこなう
  4. スタディサプリイングリッシュでリスニング力UP
  5. オンライン英会話でひたすらアウトプットを重ねる
  6. 継続学習あるのみ

今回紹介した教材を使ってこの順番で勉強をすれば必ず英語を身につける事ができます。私でさえこの勉強法で海外就職までできたんですから、誰でもできるはずです。

スタディサプリイングリッシュが1ヶ月無料で使い放題になるキャンペーンコード配布中!!

有料プランの無料おためし期間は通常1週間となっていますが、当サイト限定で配布しているキャンペーンコード「TRY2016」を利用して申し込むと、無料おためし期間が1ヶ月に延長されます。(2016となってますが2018年現在も使用可能です)

下記のリンクからプレミアム会員申し込みページへ行き、会員登録時に出てくるキャンペーンコード入力項目に「TRY2016」と入力してください(アプリからの申込みでは適応されないので、必ず下のリンクから申し込んで下さい)。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

スタディサプリENGLISHの評判は?1年間使ってみた感想と効果

2018.01.04