【英会話独学】短期間で効率的にマスターする為の3ステップ勉強法

私は最終学歴高卒ですがゼロから独学で英会話をマスターしTOEIC一発で955点を取得。ネイティブと渡り合えるくらいの英語力を身に着け、海外就職まで果たすことができました。

留学経験もないし英会話学校なんて一度も通ったことがありません。それでも良質なアプリや本・映画等の教材を使って、独学で英会話を身に着ける事ができました。

そこで今回は私が独学で英会話を身に着けた勉強法を具体的に誰でも真似して行えるようにシンプルに3つのステップにまとめたので紹介します。

英会話初心者・社会人・学生問わずこの勉強法で誰でも必ず独学で英会話ができるようなりますしTOEICスコアアップも約束します。

おすすめの教材も同時に紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

AppStoreランキング1位・ダウンロード数100万件を突破した英会話アプリ「スタディサプリENGLISH」がおすすめ!!

スタディサプリENGLISH一番の特徴は日本人が最も苦手とする「リスニング」と「スピーキング」を効率的に身につけることができるという点。インプットとアウトプットのバランスが上手く取れたレッスン内容は秀逸。

通常1週間のお試し期間が当サイト限定で配布しているキャンペーンコード「TRY2016」を利用して申し込むと1ヶ月に延長されます。(2016となってますが2018年現在も使用可能です)

下記のリンクから会員登録ページへ行き、会員登録時に出てくるキャンペーンコード入力項目に「TRY2016」と入力してください(アプリからの申込みでは適応されないので、必ず下のリンクから申し込んで下さい)。

【TOEIC955達成 】スタディサプリENGLISHの評判と1年使った効果

2018.01.04

英会話学習はマネから始める

私は専門的に英語の教育を受けたわけでもありません。英語の勉強は社会人になってから再スタートしました。そこで初めにやったことは英語学習本を読み漁ってすでに成果を出している人の手法を徹底的に研究するというものでした。

自分で試行錯誤して貴重な時間を無駄にするより成功者のマネをしたほうが遥かに効率的だろうという単純な考えです。

最短で英会話をマスターするには極力無駄な作業と努力を排除しつつ必要なことだけに集中するのが重要です。

おすすめ英語勉強法本

数多く読んだ英語勉強本の中でも一番オススメなのが「村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける」です。

ネタバレしたくないので本書の内容には詳しくふれませんが、本気で英語を身に着けたいという方にはおすすめの英語勉強本です。アマゾンレビューでも高評価です。

31歳で英語を勉強し始めて元Google副社長兼日本法人社長まで登り詰めた村上憲郎さんの英語勉強法が惜しげも無く公開されています。「必要なことだけしかやらない」という超わかりやすい王道勉強法。

私もこの本を中心に参考にしながら英語を勉強することでTOEIC955点を叩き出すことができました。

150ページと薄めの本ですが、英語学習に必要なエッセンスがぎっしり詰まっています。英語学習者は必読です。

【英語勉強本】元グーグル副社長のシンプル英語勉強法が良本すぎる

2017.09.21

独学で英会話がペラペラになるための勉強法とおすすめ教材を大公開!!

ではここから具体的に私の独学英会話勉強法とおすすめの教材を紹介します。ざっくり説明すると学習初期の段階ではリーディングを中心に英単語と文法等基礎力をしっかりと身につける(インプット重視)。次にリスニングとスピーキングを同時に鍛えながらアウトプットの練習を重ねていくというかんじです。

大きく分けると以下の3つのステップになります。

  1. リーディングで英語をインプットする
  2. リスニングと発音の練習をする
  3. スピーキングの練習をする

ステップ1:リーディングで英語をインプットする

英語の本
意外に思われるかもしれませんが英会話上達の秘訣はリーディングにあります。大量の英語をひたすら読み込むことによって英語力は確実に伸びます

先程紹介したおすすめ本「村上式シンプル英語勉強法」でもリーディングに関する章を冒頭に持ってくるほど英文を読む事の重要性が説かれています。

まずはリーディングで圧倒的な量の英語をインプットしてください。本格的なアウトプットの練習はあとからで大丈夫です。

英語リーディングおすすめ教材

おすすめのリーディング勉強法はKindleで洋書を読みまくる方法です。

Kindleにはデフォルトで辞書が搭載してあってわからない英単語があれば軽くタップするだけで瞬時に意味を教えてくれる機能がついています。いちいち辞書やネットで意味を調べる必要もないのでこれだけでリーディングそのものに集中することができかなり効率良いです。

無料でダウンロードできる洋書の数はなんと4万冊以上!!Kindle買って洋書を読みまくるというのが現時点で一番コスパに優れた勉強法でしょう。

英語学習にKindlePaperwhiteを心の底からおすすめする5つの理由

2016.11.10

ただ小説はちょっと苦手。。。。という方は小説に固執する必要はなく自分が好きなコンテンツでも問題ありません。雑誌・英字新聞・英語のWEBサイトでもOK。

重要なのは長続きするかどうかなので。

個人的におすすめなのはニュースアプリの「Smart News」です。スマートニュースは設定画面で「日本語版・アメリカ版」の切り替えができるようになっていて、アメリカ向けのコンテンツを英語で読むことが出来ます。全て無料なうえ、多彩なカテゴリー・トピックが取り上げられているので自分の興味がある記事を読むと良いでしょう。

スマートニュース - 無料でニュースや天気・地震・エンタメ速報もすぐ届く満足度No.1ニュースアプリ

スマートニュース – 無料でニュースや天気・地震・エンタメ速報もすぐ届く満足度No.1ニュースアプリ
開発元:SmartNews, Inc.
無料
posted with アプリーチ

【完全無料】SmartNewsを使った英語多読トレーニング方法

2017.06.20

「長文読むのに時間がかかる」の解決方法

ただし、何も考えずにただただ読めばいいというものでもありません。リーディングを行う際は英語を英語のままイメージしながら読んでください。

「長文を読むのに時間がかかる。」そんな方に共通するクセが「戻り訳」です。「戻り訳」とは、英文読解で日本語の語順に変換して訳出する方法のことです。中学校や高校のリーディングの授業で「戻り訳」を教わっていませんでしたか。

中学校以来の長い英語学習で「戻り訳」が定着し、英語を読んでいるのに、ついつい日本語で考えようとしてしまう。これが長文読解に時間がかかってしまう大きな原因です。

しかし、現実のビジネスシーンでは膨大な量をスピーディーに読み、重要なポイントを瞬時に押さえることが要求されます。

英語を読むときは、英語の語順で読み、英語で考える、いわゆる英語脳に切り替えて読み進める力が必要です。「戻り訳」のクセが抜けるだけで、随分と読解スピードが上がるのは間違いありません。

おすすめはスラッシュリーディングという読み方です。スラッシュリーディングは英文を「一定のつながりを持ったカタマリ」に区切って読んでいく練習方法。

長い英文も「句」や「節」を意識しながら、それぞれ独立した固まりとして捉えると、分構造を理解しやすくなります。

スラッシュで区切る目安としては以下のようなものです。

  • 長い主語(主部)のあと
  • コンマ「.」、セミコロン「;」、コロン「:」、ダッシュ「-」のあと
  • 前置詞
  • 接続詞
  • that節
  • 関係詞節
  • 不定詞
  • 分詞
  • 長い目的語や補語

例えば、

Whether you’re eating at a café, relaxing at the bar, or waiting in line at the grocery store, certain non-verbal cues will stop a potential conversation-starter in his or her tracks.

という文をスラッシュリーディングすると

Whether you’re eating at a café, / relaxing at the bar, / or waiting / in line / at the grocery store, / certain non-verbal cues / will stop a potential conversation-starter / in his or her tracks.

というふうに区切ります。初めはなるべく短い単語の集まりで区分けし、英語に慣れてきたら少しづつ大きな単語の塊で分けていくようにするとリーディングのスピードが上がってきます。

ここらへんはある程度の慣れが必要になりますが、はじめの方はとにかく日本語に訳さないよう意識しながらリーディングを行いましょう。

大量の練習を行う上で英語を英語のまま理解して処理する思考回路ができるので、それに連れてリーディングの力も自然と大きく伸びるようになります。

同時に英単語・文法の基礎力も鍛えておく

「さあ、英語をたくさん読みましょう」と言ってもそのためにはやはり最低限の英単語と英文法は抑えておく必要があります。

リーディングの練習と同時に英単語と文法の強化もしっかりやっておきましょう。

しかし、ここで問題となるのが基礎力を身につける為の勉強は単調でつまらないという点です。

みなさんも学生時代に英単語や英文法を暗記した記憶があると思いますが、アレは苦行以外の何物でもないですよね。

筋トレと同じように地味でつまらない作業は挫折しやすい(だから多くの人が英語学習で脱落している)。

しかし、しっかりとした基礎力が身についていないと遅かれ早かれどこかでつまづきます。

どうせリスニング・スピーキングでも単語と文法は必要なんですから、これはもう学習初期段階で覚悟を決めてやるしかないです。

おすすめ英単語アプリ

単純に語彙数を増やせば必然的に英語はある程度伸びます。

そこで私が一番おすすめする英単語帳アプリが「スタディサプリ英単語」。アプリ内には「TOEICコース」「大学受験コース」「高校受験コース」の3コースがあり合計7,320もの単語が収録されています。

開発元であるリクルートが過去問や市販の単語帳から独自のデータベースを作成して厳選した必須単語ばかりなのでこれ1つあれば他の単語帳は必要ないです。

しかもスタディサプリ英単語は完全無料で全ての機能が使い放題。

ゲーム感覚で進めていくだけで「読む」「聞く」「話す」「書く」の4面から英単語を記憶できます。かなりおすすめなのでぜひインストールしてみて下さい。

スタディサプリ 英単語 中学英語、大学受験からTOEICまで

スタディサプリ 英単語 中学英語、大学受験からTOEICまで
無料
posted with アプリーチ

全機能無料!スタディサプリ英単語はゲーム感覚で暗記ができると評判

2017.06.01

おすすめ文法書

文法は高校で習ったり大学受験で出題されるようなマニアックなことまでやる必要はありますん。時間のムダです。

ネイティブが喋る英語でも日常英会話なら中学文法で十分とも言われています。英語の基礎づくりとして、まずは中学英語マスターを目標とする。あとは少しづつ知識をためていけばいいです。

こちらもAmazonでベストセラー1位を獲得している人気の本。豊富なイラストとコラムで詳細に文法を解説してくれてます。英文法が苦手な方におすすめ。

700ページ近くあるので持ち運びには向いていませんが、机に一冊あるとリファレンスとしてかなり重宝します。文法書はこれ1冊あれば十分。

この章のまとめ
多読は最強の英語勉強法です。とにかく読みまくりましょう。

卵が先か鶏が先かの話と同じですが、わからなければひたすら読んでください。読んでいたらわかるようになります。わかるようになったらどんどん読めるようになりますから。それに連れて読むスピードも徐々についてきます。

とにかく英語を大量に読みまくる事によって、単語・熟語・文法・お決まりフレーズ・自然な英語が身につきます。「英語を英語のままで」「読むスピード」の2つを意識しながら読むことでどんどん上達してきます。

次ページはリスニング勉強法の解説です。