【TOEIC対策アプリ】スタディサプリイングリッシュが超絶おすすめ

私は英会話学校に通ったこともないし留学なんてしたこともありません。それでも独学で英語を勉強してTOEIC955点を獲得、夢の海外就職まで果たしました。

今まで色々な教材やアプリに手を出してきましたが、その中でも一番効果があっておすすめできるアプリが「スタディサプリイングリッシュ」です。

スタディサプリイングリッシュはAppStoreの教育カテゴリーでも1位を獲得している人気英会話学習アプリ。月額980円と有料にはなっていますが、これだけやっていればTOEIC対策は十分、実践でも使える英会話力が身につくというくらいの超優良アプリです。

今回はTOEIC対策におすすめのアプリ「スタディサプリイングリッシュ」を使ってTOEICのスコアを上げる為のコツと勉強方法を紹介します。

また新たに追加された「TOEIC対策コース」の詳細レビューもありますのでぜひご覧ください。

新講座スタディサプリイングリッシュTOEIC対策コースをやってみた

2017.08.15
スタディサプリイングリッシュが1ヶ月無料で使い放題になるキャンペーンコード配布中!!

有料プランの無料おためし期間は通常1週間となっていますが、当サイト限定で配布しているキャンペーンコード「TRY2016」を利用して申し込むと、無料おためし期間が1ヶ月に延長されます。(2016となってますが2017年現在も使用可能です)

下記のリンクからプレミアム会員申し込みページへ行き、会員登録時に出てくるキャンペーンコード入力項目に「TRY2016」と入力してください(アプリからの申込みでは適応されないので、必ず下のリンクから申し込んで下さい)。

キャンペーンコードを利用してスタディサプリ ENGLISHを1ヶ月間試してみる

スタディサプリイングリッシュはTOEIC対策に有効

スタディサプリイングリッシュはTOEIC対策に有効
TOEICは知識・教養としての英語ではなく、オフィスや日常生活における英語によるコミュニケーション能力を幅広く測定するテスト。

スタディサプリイングリッシュなら正にTOEICが求める実践で使える英語を身につける事ができます(=スコアアップ)。

スタディサプリイングリッシュは受講者の英語レベルにあわせて7つのコースが設定されているんですが、初級コースはTOEIC300点~400点(中学英語)を目安としていて上に行けばいくほど難易度が上がる仕組みになっています。

難易度の一番高いレベル7ではTOEIC780点以上が狙える力がつき、抽象的な話題や複雑な内容をスムーズにやり取りしていくための自然な力が身につくようになります。

という風に受講者の実力に合わせたコースが豊富に準備されているので中学生から受験生・大学生・社会人まで幅広い層に対応しています。

レベル別にどの程度の英語力が身につく具体的に解説している別記事もあるのでぜひ一緒に御覧ください。

【レベル別】スタディサプリイングリッシュのコース内容紹介

2017.05.26

スタディサプリイングリッシュでTOEIC何点狙えるのか

先程も触れたようにスタディサプリイングリッシュの7コース全てを受講し終わればTOEIC780点以上を狙える実力がつきます。やり方次第では800点超えも十分狙えます。

7コースってどのくらいの学習ボリュームになるのかという疑問が湧くかと思いますが、1コースあたり240コマのレッスンがあり7コースとなると1680コマものレッスンが準備されています。

「TOEIC780点取るのに1680コマってどれだけ・・・」と途方にくれる必要はありません。

というのもレベル1は中学生向けのコンテンツとなっているので普通に学校英語を学んできた方であれば、多少の英語に関する知識はまだ残っているでしょうからレベル3~4くらいでスタートすれば大丈夫です。そうすると実質こなすべきコマ数は半分くらいになるはずです。

しかもスタディサプリイングリッシュはこのアプリ単体で目標とするTOEICスコアが取得できる教材になっているので他に英単語帳や文法書を必要としません。完全にアプリだけで学習する完結型になっています。

TOEICって結局どんだけ勉強したかっていう努力値を反映しているだけで頭の良さや語学センスは全く関係ありません。

ひたすらこの教材だけやっていればTOEIC800を狙えるくらいの英語力を身につける事が十分できると断言できます。

リスニングとリーディング上達のコツ

次にTOEICリスニングとリーディング上達の為のコツを紹介します。これは私自身TOEICの勉強をしていた時に常に意識していたポイントで、その結果TOEIC955点を取得できたと思っています(ちなみにリスニングは満点でした)。

それを理解した上でスタディサプリイングリッシュの講座内容をみていくと、TOEIC対策としてこのアプリのカリキュラムがとても理にかなっている内容だとわかると思います。

TOEICリスニング上達のコツ

「スクリプトで見れば分かるのに、音になると聞こえない。」リスニングに関する最もポピュラーな悩みだと思います。英語を聞き取れない理由は大きく分けて3つあります。

  1. 未知の単語(フレーズ)がある
  2. 単語の音を知らない
  3. 早くて聞き取れない(又は頭に残らない)

1については、単語を増やすことが近道ですが、実はほとんどの学習者にとってネックとなっているのが2、3です。

2の「単語の音を知らない」を克服する方法は、自分でそれを「知っている音=自分で発音することができる音」にしてしまうことです。

人間の脳波はそもそも「知っている音」だけを取り込み、「知らない音」をフィルターにかけて雑音として処理するようにできています。例えば、母国語である日本語は、正確な音を知っているので、聞き取れますよね。

ということは、英語の音も自分の脳に「知っている音」として刷り込ませておけばいいのです。ただし、聞くだけではたりません。

必ず声に出して、「発することができる音」となるまで繰り返し練習をすることが大切です。スタディサプリイングリッシュではこれでもかって言うくらいバッチリアウトプット(スピーキング)の練習も行います。

そして3の「早くて聞き取れない」に関してはこれも心配ありません。アプリ側の操作で英語音声を遅くしたり早くしたりすることができるので、初めはスロースピードで英語を理解して徐々にネイティブの発音スピードに慣れていくという方法で攻略できます。

TOEICリーディング上達のコツ

「長文を読むのに時間がかかる。」そんな方に共通するクセが「戻り訳」です。「戻り訳」とは、英文読解で日本語の語順に変換して訳出する方法のことです。中学校や高校のリーディングの授業で「戻り訳」を教わっていませんでしたか。

中学校以来の長い英語学習で「戻り訳」が定着し、英語を読んでいるのに、ついつい日本語で考えようとしてしまう。これが長文読解に時間がかかってしまう大きな原因です。

しかし、現実のビジネスシーンでは、膨大な量をスピーディーに読み、重要なポイントを瞬時に押さえることが要求されます。

英語を読むときは、英語の語順で読み、英語で考える、いわゆる英語脳に切り替えて読み進める力が必要なのです。「戻り訳」のクセが抜けるだけで、随分と読解スピードが上がるのは間違いありません。

スタディサプリイングリッシュでは基本的にリーディングに特化したトレーニングは行いませんが、大量のリスニングとスピーキングの練習を行う上で英語を英語のまま理解して処理する思考回路ができるので、それに連れてリーディングの力も自然と大きく伸びるようになっています。

スタディサプリイングリッシュを使ったTOEIC対策の勉強法

以上TOEIC上達のコツを簡単に紹介しました。短期間でTOEICのスコアを上げるためにはただ漠然と教材を消化するのではなくスコアアップを意識したトレーニングというのが必要です。

そしてスタディサプリイングリッシュには英語力アップの為のポイントがギュット詰め込まれているので最短でTOEICスコアップを目指すことができます。

ではここからスタディサプリイングリッシュを使った英語の勉強方法を紹介していきます。大まかな流れは以下の4ステップになります。

  1. リスニングレッスン
  2. ディクテーション
  3. ビデオレッスン
  4. なりきりスピーキング

1.リスニングレッスン

リスニングレッスン
レベル1から7まで各講座はドラマ形式レッスンで進められます。初めは登場人物の会話を聞き取って、その後にクイズ形式でストーリーや会話のポイントを把握できているか理解度をチェックするという流れでレッスンをすすめます。

ストーリーは有名ゲーム会社が描き下ろしたもので映画やドラマのような続きが気になるストーリー展開で楽しく勧めることができます。

2.ディクテーション

ディクテーション
ディクテーションは交わされた会話音声を聞きながら英文を聞き取るトレーニング。

ディクテーションはリスニングのトレーニングに最も効果的な練習の1つといわれています。聞き取った英語を聞き取るディクテーションで、単語のスペルや繋がって聴こえる発音を押さえることができます。

ディクテーションといえば普通は紙に書き起こしながらやるもの。ですがスタディサプリイングリッシュならアプリに直接英語を入力していくスタイルを取っているので、電車やバスなどの通勤時間にもどんどんトレーニングをすることができます。

スタディサプリイングリッシュではなんと全コース合わせると16,000文ものセンテンスがあります!!これだけやればかなりリスニング力がアップします。

3.ビデオレッスン

ビデオレッスン
各コースには講師が英語学習でつまずきやすいポイントや上達のコツを解説したビデオレッスンがあります。

書籍も数多く執筆し、日本人の英語を知り尽くした一流講師陣ばかりで、英語の勉強をしている人なら必ず名前を聞いたことがあるような方ばかりです。

4.なりきりスピーキング

なりきりスピーキング
英語はインプットばかりやっていては上達しません。必ずスピーキングというアウトプットをしなければダメ。

英語上達のコツはこのインプットとアウトプットのバランスの取れた学習ができるかという点なんですが、スタディサプリイングリッシュでは「なりきりスピーキング」という発話トレーニングでばっちりアウトプットも鍛えられるようになっています。

スタディサプリENGLISHはスマホアプリやPCマイクで、あなたの発音を記録。発音のおかしな部分はハイテク音声認識機能で自動で判定して指摘してくれます。

発音のトレーニングってのはなかなか自分一人でできるものではないですが、これなら1人で納得いくまで練習ができます。しかも発音がおかしい場合はちゃんと教えてくれる優れもの。

人前で英語を話すのが恥ずかしいとか、自分の発音に自信が持てないという方も多いと思いますが、まずこのなりきりスピーキングで自分の発音をチェックしてみて下さい。

スピーキング上達のコツはとにかく英語を声に出しまくることです。

聞き取れない原因が具体的に分かる

リスニングPLUS
もう一つスタディサプリイングリッシュの特徴として「リスニングPLUS」というプログラムがあります。これは英語が聞き取れない原因を診断してそれを解決するトレーニングで、このためだけに有料会員登録する価値があると言ってもいいくらいの超優秀機能です。

「リスニングPLUS」は受講した毎日のレッスンのデータを収集し自動分析して苦手なポイントを把握、受講者各自にあわせた弱点克服ポイントを教えてくれるというものです。

もしかして英語をたくさん聞けばリスニングが上達すると思っていませんか?聞き流すだけで絶対に英語は喋れるようにはなりません。

たしかにある程度の量をこなすのも必要ですが、それ以上に必要なのは英語の発音のコツ・音声変化のポイントをしっかり抑えておくことです。これを知っておかないといくら大量に英語を聞いても非効率な勉強になってしまいます。

リスニングPLUSの機能を利用すれば「なぜ英語がききとれないのか」がよくわかります。自分の弱いポイントってやっぱり自分ではなかなか見つけられないんですよね。かと言って弱点を指摘してくる人がいるわけでもない。

このリスニングPLUSプログラムで苦手なリスニングは必ず克服できます。私がTOEICリスニングで満点取れたのもこのおかげだと思っています。

この内容で月額980円は激安

以上TOEIC対策におすすめ英会話アプリ「スタディサプリイングリッシュ」の紹介でした。

冒頭でも触れましたがスタディサプリイングリッシュは月額980円(税抜き)の有料アプリとなっています。無料バージョンでは各レベルのレッスン1しか受ける事ができませんし、リスニング克服プログラムも受けることができないのではっきり言って使えません。

ちまたには数万円もするような英会話教材もたくさん売られている中で、むしろこの内容で980円ならかなりコスパは高い方だと思います。

1週間全ての機能を無料で試すことができるトライアルもあるのでぜひ一度試してみて下さい。本当におすすめの英会話学習アプリです。

スタディサプリイングリッシュが1ヶ月無料で使い放題になるキャンペーンコード配布中!!

有料プランの無料おためし期間は通常1週間となっていますが、当サイト限定で配布しているキャンペーンコード「TRY2016」を利用して申し込むと、無料おためし期間が1ヶ月に延長されます。(2016となってますが2017年現在も使用可能です)

下記のリンクからプレミアム会員申し込みページへ行き、会員登録時に出てくるキャンペーンコード入力項目に「TRY2016」と入力してください(アプリからの申込みでは適応されないので、必ず下のリンクから申し込んで下さい)。

今回はスタディサプリイングリッシュの使い方をかなり大まかに紹介しましたが、もっと細かいアプリの使い方はこちらの関連記事にありますのでぜひこちらも御覧ください。

スタディサプリENGLISHの評判は?6ヶ月使ってみた感想と効果

2016.07.28

新講座スタディサプリイングリッシュTOEIC対策コースをやってみた

2017.08.15