プライドオブアメリカで行くハワイクルーズの特徴と料金

(画像引用:By Daniel Ramirez from Honolulu, USA [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons)

「フリースタイル・クルージング」をコンセプトするノルウェージャンクルーズライン。多様なレストランでの自由に選べる食事、服装もフォーマルを廃止するなど型苦しさのないクルーズが評判で一大クルーズグループとなりました。

そのノルウェージャンクルーズラインがハワイで運行しているのが「プライド・オブ・アメリカ」。今回はプライド・オブ・アメリカの人気ハワイクルーズの特徴と料金・最安値で申し込むことができる旅行代理店を紹介します。

プライド・オブ・アメリカとは

プライド オブ アメリカ
プライド・オブ・アメリカは7泊8日の日程で、オアフ島、マウイ島、ハワイ島、カウアイ島をめぐるハワイ4島クルーズに定期就航しています。

ホノルルを土曜日の夜に出港し、マウイ島、カウアイ島で停泊するスケジュール。ノルウェージャンクルーズのコンセプト「フリースタイル・クルージング」はこの船にも導入されていて服装はリゾートカジュアルが基本。

11のダイニングオプション、11箇所のバー・ラウンジがあり時間もテーブルも自由に選べるようになっています。

プライド・オブ・アメリカの特徴

「より自由に」。洋上に浮かぶリゾートホテルで自分らしくクルーズライフを送ることができるようにプライド・オブ・アメリカには以下の2つの特徴があります。

  • 19種類のダイニング
  • ハワイクルーズならではの寄港地

1. 19種類のダイニング

メインダイニング
プライド・オブ・アメリカには世界のグルメが楽しめる11のレストランと11箇所のバー・ラウンジがあります。イタリアン・アジアン・フレンチ・ステーキハウス、鉄板焼きなど豊富な選択肢の中からその日の気分に合わせて毎晩お好みのダイニングで好きな時間に食事を取ることができます。

通常クルーズ船でのディナーは開始時間とテーブルメンバーが毎日固定されているものですが、フリースタイル・クルージングを掲げるノルウェージャンクルーズなら好きなと時に好きな人と一緒に食事を楽しむことが出来ます。また堅苦しいフォーマルもありません。

2.ハワイクルーズならではの寄港地

DestinationGalleries Hawaii POA900x400
プライド・オブ・アメリカならハワイの絶景4島を効率的に観光することが出来ます。飛行機でこれらの島を回るのは大変ですが、クルーズなら寝て起きたら次の島へ到着です。

曜日 寄港地名 入港時間 出航時間
土曜日 ホノルル 19:00
日曜日 カフルイ(マウイ島) 08:00
月曜日 カフルイ(マウイ島) 18:00
火曜日 ヒロ(ハワイ島) 08:00 18:00
水曜日 コナ(ハワイ島) 07:00 17:30
木曜日 ナウィリウィリ (カウアイ島) 10:00
金曜日 ナウィリウィリ (カウアイ島) 14:00
土曜日 ホノルル 07:00

ハワイクルーズ地図

肝心の料金は?

気になるプライドオブアメリカの乗船料金ですがクルーズのみの料金なら2人参加で一人あたりの料金がUS$1,136~となっていて一泊あたり1万円ちょっとと激安料金が設定されています。

おすすめクルーズ代理店

クルーズ旅行を検討中の方はJTBをおすすめします。世界中のクルーズ商品を取り扱っており大手ということで安心感もあります(去年は某格安旅行会社が突然倒産・・・なんてこともありましたしね)。

クルーズ旅行はどの代理店で申し込んでも料金は同じですから、どうせ申し込むならしっかりした代理店の方がおすすめです。早期割引・直前割・各種キャンペーンにもばっちり対応しています。

【2017】日本発着で1泊1万円台の格安クルーズ4船を紹介します

2016.06.17

世界一周クルーズ費用は?豪華客船の旅にいくら必要か計算してみた

2017.04.15