ピースボートクルーズ乗船記6日目 洋上クルーズ〜ブリッジ見学

今日は子供プログラムのイベントで子供と一緒にブリッジ見学に参加してきました。地球一周クルーズではブリッジ見学が必ず開催されるのですが、ショートクルーズでは期間が短いこともあり一般向け見学は行なわれません。

唯一行われるブリッジ見学がこの子供プログラムで、親の特権で操舵室に潜入することが出来たので写真と共にブリッジ内を紹介します。

ブリッジ見学

集合場所からはピースボートのスタッフさんに連れられてブリッジへ。このあたりのエリアは船長の執務室・通信室・会議室・オフィサーの船室などが集まっているそうで一般乗客は進入禁止になっています。

ブリッジツアー1

ブリッジに入るとスタッフの方がオーシャンドリーム号の概要や簡単な歴史を解説してくださいました。子供向けなので細かい機器の説明はあまりなく、基本的には好きに写真を撮ったり、自由に見て回る感じでした。

ブリッジツアー2
ブリッジツアー3
ブリッジツアー4

操舵室からの眺めは一段とよかったです。

ブリッジツアー5
ブリッジツアー6
ブリッジツアー7

全くもって正体不明の機器がたくさんありました。何がどんな枠割をしてるのかわかりませんが、とりあえず写真だけ撮ってきました。

ブリッジツアー8
ブリッジツアー9
ブリッジツアー10
ブリッジツアー11

洋上航海中は基本的にオートパイロット(自動操縦)になっているそうです。レーダーを見せてもらいましたが、周囲には全く他の船もなくこういう時はコンピューターに任せていると言うとのこと。もちろんそれでも常に航海士がブリッジに在中していて周辺の目視は欠かさないとも言っていましたね。

あと、船長さんは普段執務室で事務作業をしているらしくあまりブリッジには顔をださないとのことで会えませんでした。

日韓子供達のふれあい

午後は日本と韓国の子供達が一緒にスポーツを通して振興を深めるというイベントがありました。ちなみに今回のクルーズでは日本人の子供が20人位いて、韓国の子供はなんと150人近く乗船していました。

日韓子供のふれあい1
日韓子供のふれあい2
日韓子供のふれあい3

子供って言語の壁があっても全然平気で交わることが出来て、すごいなーと感心しました。かなり楽しかったようです。日本にいるとこういった体験はなかなかできないのでこのクルーズ来てよかったなと感じた日でもありました。

洋上の夕日が美しすぎる

普段なんとなく見ている、または注意さえ払わない夕日。洋上から見ると本当にきれいなんです。デッキでは夕日を眺めながらのヨガ教室が開かれていましたが、多くの方が参加されていました。めちゃめちゃ気持ちよさそうでした。

ヨガ1
ヨガ2
ヨガ3

夕日が本当にきれい。1時間くらいは平気でぼんやりながめていられます。

夕日1
夕日2
夕日3
夕日4
夕日5

洋上プログラムが多すぎて忙しすぎる

↓こちらは今日の船内新聞なんですが見ての通り、ほぼすべての施設で朝から夜まで何らかのプログラムが常に行なわれています。全部参加しようと思ったら、多分あと体が7~8体くらいは必要でしょう。

船内新聞

このようにピースボートクルーズでは多彩な講座やイベントが開催されているのでアクティブに過ごしたい方は休憩する暇もないくらい洋上生活を楽しめると思います。

ちなみに今日の大イベントは、観光を代表するシンガーソングライターのイ・ハンチョルさんの単独コンサート。正直名前も聞いたことないし全然知らない人でしたが、韓国ではホントに有名らしく会場は韓国人のお客さんで満員。超盛り上がってました。

コンサート

明日は函館寄港です。続く・・・。

ピースボートクルーズ乗船記7日目 函館へ入港〜自由観光

2017.08.02

【目次】ピースボートショートクルーズ12日間子連れ乗船記ブログ

2017.07.10

世界一周クルーズが129万円から

ピースボートの世界一周クルーズ料金 街なかに貼られているピースボートのポスターを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ピースボートなら103泊104日のクルーズが129万円から。早期割引制度を利用すればさらにお得な料金で乗船も可能。おそらく世界で一番安い料金で世界一周クルーズを提供している会社です。

年に数回ですが、かなりお手軽な価格でショートクルーズもやっているので初めてのクルーズ旅行にもおすすめです。
興味がある方はぜひ一度資料請求されてみてください。寄港地の見どころや各種割引プランなど掲載されたパンフレット、参加者の体験談や船内の様子や設備をご紹介するDVDも無料で付いてきます。

↓資料請求はこちらから↓