一度は訪れたい絶景のアラスカクルーズ乗船記ブログ10選

アラスカクルーズは、バンクーバー・シアトル・ケチカン・アンカレッジ等発着で5月~9月下旬まで多くのクルーズ船が就航。7泊~14泊がメインで、鉄道の旅を組み合わせあコースが大人気となっています。

特に大氷河グレーシャーベイ国立公園の絶景は圧巻。今回は実際にアラスカクルーズに乗船された方々のアラスカクルーズ乗船記ブログをまとめてみました。検索しまくってネット上に散らばっている物を集めましたので、アラスカクルーズをご検討の方には参考になると思います。

ディズニー・ワンダーで行く8日間の船旅2017

まずは手前味噌ですが、自分が乗船した2017年アラスカクルーズ7日間の旅行記になります。画像多数でアラスカの氷河や寄港地・船内の様子を紹介しています。ぜひご覧ください。

【アラスカクルーズ旅行記】ディズニー・ワンダーで行く8日間の船旅

2017.10.12

セレブリティ・インフィニティアラスカクルーズ7日間

針葉樹が岸辺までぎっちりと迫るように生え、今まで見たことが無いような風景が広がる。これがアラスカなのか。陸伝いにここまで来るのは大変だろう。船に乗ったままこんな風景が見られるなんて、クルーズ旅行ってなんて便利でゼイタクなんだろう…。

>> Webサイトはこちらhttp://mochida.net/travel/12alaska/12alaska0.html

ゴールデンプリンセス号11万トン シアトル発7泊8日

朝6時に、グレーシャーベイ国立公園のパークレンジャーが小型船で船に乗り込み船内放送で解説を開始。 10時ごろ、第一の氷河に到着。 どうやらその前に鯨の大群が船のそばに来て盛り上がっていたらしいが、英語で何を言っているかさっぱりわからず、1つのチャンスを無駄にしましたが、氷河は予想よりも黒くて寒さも思うほどではなく、デッキでは乗船客2000名全員がいるのではと思うほど、見物している人が大勢いて皆で感激を分かちあうかのような一体感のある空気が出来てました。

>> Webサイトはこちらhttps://www.iace.co.jp/cruise/info/experience/ex-11/

セレブリティー マーキュリー号 アラスカクルーズ1週間の旅

『ボォーー!』低い音で出港の汽笛が・・・ 船がゆっくり静かに動きます。
バルコニーから出港の様子が眺められ、奮発した甲斐がありました。港には人が少ないけれど、手を振ってくれる人に応えて手を振ります。
「アラスカクルーズ行って来ます!」

>> Webサイトはこちらhttp://4travel.jp/travelogue/10178842

シアトルから7泊8日 ホーランド社のウェステルダム号でアラスカクルーズ

シアトルから7泊8日で、ホーランド社のウェステルダム号でアラスカクルーズへ出かけました。
人生「初」クルーズ、色々ありましたが素敵な思い出がまた1つ増えました。

>> Webサイトはこちらhttp://4travel.jp/travelogue/10675654

はじめてのクルーズ アラスカ7日間

クルーズを終え、船を降りたときの率直な感想は、「すごく楽だった、ちょっと物足りないかも…」でした。これまで行った旅行は、短い日程で多くの場所をバスで回る旅行ばかりでした。そんな私にとって、疲れたときにはいつでも横になれるクルーズは、疲労が少なく、ちょっと物足りない旅行だったのです。しかし今…旅行案内の最初に目を通すページは「クルーズ」のページです。船が気なって仕方がありません。クルーズに参加した人の多くがそうであるように、私も「新しい遊び」を覚えてしまいました。
次はどこをクルーズしようか、考えている時間がとても楽しいです。

>> Webサイトはこちらhttp://stworld.jp/diary/UA/4c7dfd5f1cd9f5.96041344/

セレブリティ・ソルスティス アラスカクルーズブログ

アラスカクルーズはアメリカ西海岸のシアトルやカナダのバンクーバーから発着し、1週間で同じ港に戻ってくるコースと、1週間かけて片道でアンカレッジの近くまで北上する(またはアンカレッジから南下する)コースがあります。
私が選んだのは、シアトルから発着し、ケチカン、ジュノー、スキャグウェイというアラスカの街に寄港し、氷河の間をクルージングし、シアトルに戻る途中にカナダのビクトリアに立ち寄るコースです。シアトルなら日本から直行便で行けるし、便もたくさんあります。時期は8月の前半でした。日本では猛暑たけなわですが、アラスカでは秋がすぐそこまで来ている時期です。お盆休みにうまくひっかけて、1週間の休暇をねん出しました。

>> Webサイトはこちらhttps://www.cruisesmile.jp/report/episode2/chapter1.html

シアトル発 アラスカクルーズ旅行記

今回選んだクルーズ会社はHolland America Line。
もちろん調査したのは私。決め手は、老舗の会社でグレーシャーベイ国立公園に入れる優先権を持っており、船は大きいけど大きすぎず、比較的落ち着いている雰囲気、格調高い、ということ。その割に、ベランダ付きの客室が比較的お手頃だということ。
いろんなクルーズ会社があるけど、ファミリー向けの所よりは、ゆったり落ち着いた旅ができそうで、あまり若者テンションについていけない私たちにはこっちの方がいいかなと思いました。

>> Webサイトはこちらhttp://tsunnpa.exblog.jp/16177055/

ディズニークルーズ アラスカクルーズ乗船記

2年前にも訪れたメンデンホール氷河だが、前回は滞在時間があまりなく、ゆっくり見られなかった..
1度見ているとは言えやはり目の前に広がる巨大な氷河を見ると圧巻.. と言うか、言葉がでない..
因みにここから氷河の先端までは、直線距離にして約1800m.. 氷河って、どれだけ巨大なんだ..?!

>> Webサイトはこちらhttp://wdwguide.net/tripdiary/dcl2013/dcl13_day11.html

ゴールデン・プリンセス アラスカクルーズ

ジュノー氷原から流れ出てメンデンホール湖へそそぐ大きな氷河です。ホント、対岸からよく見える。氷河ってこんなだったけ。カナデイアンロッキーでは雪上車で氷上まで行きましたが今回は眺めるだけ。でも迫力ある!

>> Webサイトはこちらhttp://alexleo.blog.so-net.ne.jp/2014-06-29

おすすめクルーズ代理店

クルーズ旅行を検討中の方はJTBをおすすめします。世界中のクルーズ商品を取り扱っており大手ということで安心感もあります(去年は某格安旅行会社が突然倒産・・・なんてこともありましたしね)。

クルーズ旅行はどの代理店で申し込んでも料金は同じですから、どうせ申し込むならしっかりした代理店の方がおすすめです。早期割引・直前割・各種キャンペーンにもばっちり対応しています。