メイソンジャーサラダを100均の瓶で作ったら普通におしゃれにできた

去年辺りからメイソンジャーが流行っていますね。もともとニューヨーカーが持ち歩いていたのがきっかけだそうです。

今回メイソンジャーサラダを作ろうと思ったのですが、メイソン社の瓶はちょと高いので購入に躊躇します。そこでセリアの100均の瓶でメイソンジャー容器の代用になるか実験してみました。
メイソンジャーサラダとはガラス瓶に野菜やサラダを詰めて作るサラダのことです。瓶で密封されているので冷蔵庫に入れていれば5日くらい保存がきくそうです。週末にでもまとめて作っておけば好きなときにいつでも新鮮でヘルシーな食べることができます。

さっそくやってみたのですが結論から言うとセリヤの100円瓶でも全然問題ありませんでした

まずは瓶を殺菌する

買ってきたばっかりのビンはまず殺菌しましょう。
瓶が入るくらいの鍋に水と瓶・フタを入れて火をかけます(いきなり沸騰湯にいれるのは危険)。沸騰してきたらフタは2,3分で取り出します(フタは変形することがあるので)。びんの方は10分弱付けておけばいいと思います。
お湯から取り出したあとはキッチンペーパーで水分を拭き取っておきます。

メイソンジャーサラダの作り方

作り方は簡単です。基本は野菜を切って瓶にいれるだけ。
ただ野菜を入れる順番だけはあるのでそこだけ注意すれば大丈夫です(といっても簡単ですが)。

順番

  1. ドレッシング
  2. ニンジン、きゅうり等の硬い野菜
  3. トマト等のやわらかめの野菜
  4. レタス、ほうれん草など葉物野菜

野菜を入れるときはなるべく詰めて入れるようにします。空気が押し出されて新鮮さが長持ちします。初めて作ったサラダ、こんな感じで出来上がりました。

100均の瓶で作ったメイソンジャーサラダ

作ってみたところの感想です

良い点
・見た目がオシャレ(なので美味しさも増す)
・冷蔵庫に収納しやすい
・保存が効く(タッパーでもジプロックでもいい気もするけど)

悪い点
・重たい(ニューヨーカーはランチにしていると聞きますが毎日ランチを瓶に詰めて持ち歩いているのか?)
・食べにくい。瓶の口が狭くて深いので瓶から直接食べるのはつらい(気になったので英語のフォーラムとか調べてみると、やっぱり食べるときは別皿に出して食べる人が多いみたい)。

正直「見た目」が良い以外にメイソンジャーで作る絶対的な良さがいまいちわかりませんでしたが、たまにはこういうのを作ってみるのも生活に変化を取り入れるという意味でいいかもしれません。