女性必見!自転車日焼け対策特集 シミを作らない為のおすすめグッズ

自転車日焼け対策

長く寒い冬も終わり自転車がとても気持ちがいい季節になってきました。子供の送迎や通勤・買物で毎日自転車を利用している女性の方も多いのではないでしょうか。しかし気になるのはやはり紫外線。実は春になると紫外線の量は一気に増加するだけでなく、その量は真夏に匹敵する程度もあり十分なケアが必要になります。まだ大丈夫と油断している間に知らないうちに肌は確実にダメージを受けているのです。
そこで今回は紫外線によるシミを作らないためにも女性向けおすすめの自転車日焼け対策グッズを紹介します。

そもそも紫外線とは?

そもそも紫外線って何でしょうか?なんとなく肌に悪いということは知っていても具体的に紫外線を浴びることで発生するリスクとはどういったものなのでしょうか。
参考に化粧品メーカーKOSEのサイトを見てみると以下のように紫外線を説明しています。

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線、紫外線とがあります。紫外線は、その中で最も波長の短い光で、波長によってUVA、UVB、UVCにわかれますが、実際に地表に届くのは、そのうちUVAとUVBです。

・UVAは、肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。肌の奥の真皮にまで侵入し、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因になるのです。また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もあります。

・UVBは、太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないのですが、肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日やけによる炎症反応)や、数日後に肌が黒くなるサンタン(色素沈着反応)を引き起こす作用があります。波長が短いUVBは、炎症やしみの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、生体への影響が強いのです。
出典:KOSE公式サイト 紫外線の基礎知識

とあります。強い紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に生成され、しみやシワ、弾力の低下といった肌の老化を促進し、さらには皮膚がんを誘発する原因になることにもなります。しかも日中UVAは時間に関係なく常に一定の量が降り注いでおり、曇りの日でもUVA・UVBはある程度雲を透過してくるので日ごろからこまめな紫外線ケアが大切です。

日焼け対策はいつからする?

そして肝心の日焼け対策ですが、日差しの強い夏の間だけ対策を取ればいいというものでもありません。実は紫外線は春になると一気に増加するのです。しかも紫外線の量は真夏とさほど変わらないのです。さらに冬の間に肌はメラニンが少なくなっているため、ダメージを受けやすい無防備な状態となっています。すぐに実感することはないかもしれませんが、たとえ肌表面には現れていなくても紫外線のダメージは確実に蓄積されていきます。後で後悔しないためにも、日焼け止め対策は冬が終わるとすぐに始めたほうがよいです。

気象庁UVインデックス
出典:気象庁 日最大UVインデックス(推定値)の月別累年平均値グラフ
4月と7~8月の紫外線量を比べると1,2割程度しか変わらない。

おすすめの自転車日焼け対策グッズ

UVカット付きカーディガン

とりあえずこれ必須です。UVカット機能付きのカーディガン。肌を露出しないのは紫外線対策の基本中の基本です。おすすめは手の甲までガードできるタイプのもの。自転車に乗っている間、手の甲は常に紫外線をあびており意外と盲点になってくる部分です。またUVカット機能だけでなく、着心地まで考慮された冷感機能の付いているものがさらにおすすめです。

アームカバー

カーディガンはいらないけど、腕だけカバーしたいという方はUVカットのアームカバーは必須。アームカバーも手の甲まで守ってくれるタイプを選びましょう。

キシリトールと気化熱の働きでヒンヤリのアームカバー。UVカット率99%以上、UVカット率の最高ランクUPF50+認定品。ストレッチ素材で長時間着用してもズレ落ち防止もバッチリ。アマゾンのカテゴリーないベストセラー1位のアイテムです。

紫外線遮断率97%頼れるUVカット手袋です。ハーフメッシュの刺繍がポイントです。

フェイスマスク

ちょっと見た目怪しいですが、見た目さえ気にしなければ大切な顔を守ってくれるのに一番役立つのがフェイスマスクです。しかも顔だけでなく、首まわりからデコルテまで守ってくれる万能アイテムです。

サングラス

目の保護も大切になってきます。実は日差しなどを見て眩しいと感じることが肌にシミができる原因となってしまうのです。というもの、角膜が紫外線を吸収すると、脳からメラニン色素を作るよう指令が出るためなのです。案外知られていないのではないでしょうか。大切な目もしっかり守りましょう。

帽子

日差しよけ対策としてサンバイザーや帽子がありますが、おすすめは帽子タイプです。頭がカバーされていないサンバイザータイプでは頭が紫外線にさらされてしまいます。頭皮や髪に直接紫外線が当たると抜け毛の原因にもなるので帽子タイプの方がよいでしょう。タイプによっては首のあたりまで覆ってくれるものもあります。

日焼け止め

上で紹介したタイプのアイテムを使ってもどうしても日光にさらされてしまう部分も出てくるでしょう。そういった箇所は日焼け止めを用いましょう。特に顔あたりは帽子をかぶっていても地面に反射した紫外線が顔に直にくるので日焼け止めはマストでしょう。

日焼け止めにも多くの種類がありSPFやPAの数値なども多数ありますが、散歩・買物・洗濯物干し・通勤・通学程度の日常生活程度ならSPF10前後・PA+程度で大丈夫です(参考:KOSE 生活シーンにあった日焼け止め)。日やけ止めの塗り方の基本は、まんべんなく延ばすことです。日やけ止めを手に取り、使用量を守って、塗り忘れの部位がないようにしましょう。ムラなく十分な量を塗るためには重ね塗りがおすすめです。特に、おでこや鼻筋、頬など、顔の中で高さのある部分はやけやすいので、重ねて丁寧に塗りましょう。首や耳、背中・胸元も忘れずに。また、日やけ止めは必ず2~3時間ごとに塗り直すようにしましょう。

日焼け後の対策

冷たいシャワー日焼けとは別の言い方をすれば軽いやけどと同じです。日焼けした場合は冷たい水のシャワーを日焼け部位にあてたり、濡れタオルや氷水を当てて肌を冷ましてください。またローションマスクの使用や化粧水をたっぷりと使って保湿ケアを十分に行ってください。

自転車日焼け対策まとめ

自転車通勤では毎朝移動方向が同じで姿勢なども一定のため、常に同じ場所が強力に紫外線を浴びています。10~15分程度の時間でもしっかり対策して外出しましょう。
また紫外線の強い午前10時~午後2時の時間帯はむやみな外出を避ける、日陰を選んで歩くなど太陽光線をなるべく避けるようにするとよいでしょう。

絶対に濡れない子供乗せ自転車レインカバー完全防水モノまとめ

2016.05.25

自転車用レインコートおすすめ10選 雨の日でも濡れたくないママ達へ

2016.03.02